ZOZOTOWNの前澤氏、2023年に月旅行実施を発表! 彼が乗るスペースXの新型宇宙船「BFR」とは?

鳥嶋真也
イーロン・マスクと前澤氏

スペースXのイーロン・マスクCEO(右)と、月旅行に行くことを発表した前澤友作氏(左) (C) Elon Musk/SpaceX

 米宇宙ベンチャーの「スペースX」を率いるイーロン・マスク氏は2018年9月18日(日本時間)、2023年に同社の新型宇宙船「BFR」で、世界初となる月への旅行を実施すると発表した。

 宇宙船に乗り込むのは、アパレル・オンライン通販の「ZOZOTOWN」を経営するスタートトゥデイの前澤友作(まえざわ・ゆうさく)社長。さらに前澤氏は、自身だけでなく、さまざまな分野のアーティストも一緒に連れていくことも明らかにした。

「私は月に行くことを選択しました」

 前澤氏は1975年生まれの現在42歳。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの社長で、総資産は約4000億円、日本で14番目の大富豪として知られる。

 マスク氏に紹介されて壇上に上がった前澤氏は「私は月に行くことを選択しました(I choose to go to the moon)」と、かつてケネディ大統領が有人月着陸計画(のちのアポロ計画)を立ち上げた際の有名な演説を引用し、声高々に、自らのアポロ計画の実施をを宣言した。

 前澤氏の計画は「#dearMoon」と呼ばれ、スペースXが開発中の巨大宇宙船「BFR(ビッグ・ファルコン・ロケット)」を借り切り、2023年に月に向かって打ち上げるというもの。乗客は前澤氏のほか、同氏が選出したさまざまな分野のアーティスト(画家や音楽家、小説家、ファッションデザイナーなど)も6~8人搭乗する。同乗するアーティストは、これから選抜するという。

 BFRは打ち上げから約3日後に月に到達し、裏側を回ってUターン。月の地表から最大で高度200kmまで近づくという。そしてまた3日かけて飛行し、地球に帰還する。月を回る軌道に入ったり、月面に着陸したりはせず、約1週間で月を往復する旅行である。こうした飛行や軌道のことを「自由帰還軌道」といい、比較的安全かつ少ないエネルギーで月往復を可能にする方法でもある。

 飛行中、飛行後にアーティストによって制作された作品は、後日展示会で披露するとしている。

 なお、月旅行の費用は非公表とされた。また、その全額は支払われていないものの、すでに少なくない金額のデポジット(手付金)は支払われており、BFRの開発に役立てられているという。

スペースXの宇宙船「BFR」

スペースXの宇宙船「BFR」による月旅行の想像図 (C) SpaceX

次のページ 
スペースXのBFRとは

1
2
3
4
5
関連記事
6
7