出遅れた玉城デニー候補とオール沖縄陣営。総力戦で来る政権・佐喜眞淳陣営。沖縄県知事選今日告示

忘れてはいけない佐喜眞氏の過去

 ここで安倍官邸に沖縄県知事の椅子を奪いとられると、どのような苦境が待っているかについては、玉城デニー氏の主張とは完全に離れた、わたし個人の見解として述べさせていただく。  佐喜眞氏は宜野湾市長時代に、日本会議主催の復帰記念集会において、閉会の挨拶を述べたことがある。  この集会では、なんと那覇市内の保育園児たちがあの「教育勅語」の現代語訳版を朗唱させられるという「事件」まであったことが知られているのだ。幼い子供たちが「非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません」と合唱する様に恐ろしさを感じたのはわたしだけではないだろう  また、佐喜眞淳氏がこの集会の最後の挨拶で強調したのは「日本人としての誇りを持たなければならない。まさにこのひと言に尽きると思います」という点だった。  これは、故翁長雄志知事や玉城デニー衆議院議員が大事にしてきた「沖縄のアイデンティティ」に真っ向から対立する言葉だ。  もちろんどんな思惑も思惑として抱くことはそれぞれの自由だが、しかし、現実にこの人が沖縄県知事になってしまったときのことを、わたしたち一人ひとりが、想像力を働かせて思い描き、危機感を持つべきだろう。 <取材・文/渡瀬夏彦> わたせなつひこ● 28年の沖縄通いを経て移住13年目を迎えたノンフィクションライター。
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right