国民民主党代表選直前。玉木雄一郎現代表がSNS発言で非難轟々。こんなんで国民民主党は平気なのか?

津村啓介さんも突っ込みどころが

 玉木雄一郎さんがトンデモツイートを繰り返して自爆しているので、津村啓介さんが良さそうな気がしてくるかもしれません。しかし、これまではさほど目立つ存在ではなかったため、あまり報じられることはなかった、ももいろクローバーZの大ファンである「モノノフ」を自称する津村啓介さんも、その政策を聞いてみると、党の代表に相応しいかどうかは極めて微妙なところがあります。  津村啓介さんは今回、「尊厳死の合法化」を掲げています。これまでタブーとされていた部分に切り込み、日本でも尊厳死を合法化しようというのです。尊厳死については正解がなく、どれだけ議論をしても簡単に結論を出せる問題ではありません。議論によってさまざまな理解が深まることには期待ができますが、変えなければならない部分は他にもたくさんあるのに、よりによって尊厳死を最重要項目の一つに掲げるというのは、これまた政治家としてのセンスが問われる部分です。  また、女性天皇を認めるべきだという発言もしており、こちらもまた簡単に結論の出せる問題ではありません。また、津村啓介さんは北朝鮮の脅威はなくなっていないと考えており、イージス・アショアの配備は進めるべきだとしているほか、さらなるミサイル防衛の強化を進めるべきだとしています。さらに、中国主導の「AIIB(アジアインフラ投資銀行)」にも加盟するべきだとしていて、食料や日用品などの消費税をカットし、暮らしやすくする「消費税軽減税率」の導入にも反対であるとの立場を示しています。理由は「社会を混乱させるから」だそうです。ちなみに、ここまで言っていることは自民党内部で議論されていることとあまり変わらず、国民民主党としてのカラーを出しているとは言えません。  津村啓介さんは西日本豪雨災害があった岡山県選出の国会議員なのですが、あの時、ろくすっぽ役に立っていなかったことを考えると、玉木雄一郎さんも微妙だけど、津村啓介さんも微妙なところで、どちらも代表にふさわしいとは言い難いです。国民からまったく支持されていない国民民主党は、このままだとますます支持されなくなってしまうかもしれません。

「Wタマキ」で沖縄県知事選に悪影響の可能性

 今回の代表選を機に、玉木雄一郎さんがまったく弱者だけでなく国民の生活をわかっていないことがはっきりし、ますます国民から冷たい視線を集めることになりそうですが、9月5日の代表選次第では、沖縄県知事選に影響を及ぶ可能性も否定できません。先日、沖縄県知事選のオール沖縄側の候補が玉城デニーさんにまとまりましたが、国民民主党の代表が玉木雄一郎さんになれば「Wタマキ」ということで話題になりそうなのです。これだけ玉木雄一郎さんが酷い発言を繰り返すありさまなので、「Wタマキ」などと言って沖縄県知事選を応援されては、玉城デニーさんまで同じカテゴリーに見えても不思議ではありません。よりによって「タマキ」なのでリンクされることが多そうで、「頼むから、これ以上余計なことを言わないでくれ!」と願わずにはいられませんが、そこは政界きっての天然KY男です。まったく空気を読まずに余計な発言をしてくれることでしょう。国民民主党には頑張ってもらいたいですが、あまりに使えなすぎて頭を抱える今日この頃です。
次のページ 
こんなんじゃカルト化する自民党を止められない
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right