明日31日は15年ぶりの「火星大接近」! この夏、夜空を彩る天体ショーの見どころ、ポイントを解説!

鳥嶋真也

国立天文台が7月20日に撮影した火星 (C) 国立天文台

 2018年7月31日、地球と火星の距離が大きく近づく「最接近」が訪れる。

 最接近時の距離は5759万kmで、2003年以来、15年ぶりに6000万kmを切る「大接近」となる。すでに6月下旬ごろから、夜遅く南の空で明るく輝く火星が見えるようになっており、最接近後も9月上旬ごろまで、見やすい時期が続く。

 この珍しい天体ショーの見どころや、観察のためのポイントについて紹介したい。

なぜ火星が大接近するのか?

 火星は地球の外側を回る惑星で、地球が365日かけて太陽のまわりを回っている(公転)のに対し、火星は687日かけて公転している。

 たとえるなら地球は、自動車のレースで、ずっとコーナーの内側を走るように、つねに火星に追い付き、追い越すように回っている。そして約2年2か月ごとに、両者の距離が最も近づく最接近が起こる。

 また、火星の公転軌道は楕円形をしており、その傾きも地球とは異なるため、最接近時の距離は毎回少しずつ異なる。そのため同じ最接近でも、そのとき火星が楕円の公転軌道のどこにいるかによって、両者の距離は変わってくる。

 今回の最接近は、まさに後者のタイミングで発生し、最接近時の距離は5759万kmになる。

 ちなみに、今回の最接近は「大接近」と呼ばれているが、正式な天文用語ではなく、明確な定義もない。一般的には、6000万kmを切れば大接近と呼ばれるようである。

 大接近、すなわち6000kmを切るのは、2003年以来、15年ぶりとなる。また次回の大接近は、17年後の2035年9月まで待たなくてはならない。

NASAのハッブル宇宙望遠鏡が7月18日に撮影した火星。地球には大気があるため、地上からはこれほどくっきりとは見ることはできない (C) NASA, ESA, and STScI

次のページ 
今の火星は「砂嵐」でめったに見られない姿!?

1
2
4
5
関連記事
6
7