いかにして Google は検索エンジンの覇者となったのか?

遠藤結万

photo by Shawn Collins via flickr (CC BY 2.0)

 Google は初めての検索エンジンでしょうか……? 違います。では、Googleは最後の検索エンジンでしょうか……?もしかすると。

 この数年ほど、検索エンジンを作ろうという野心的な試みは、西海岸のスタートアップの間でもほとんど耳にしたことがありません。

 Instagram検索やTwitter検索などは、リアルタイムな情報やよりリッチな情報を探すための、検索エンジンの代替として使われ始めています。

 しかし、それでも、今後、Googleの直接的な競合が生まれるとは(いまのところは)思えません。

 いかにしてGoogleはこれほど巨大な存在になったのでしょうか?

理由① - 充分でなかった競合

 そもそも、Google以前のロボット型検索エンジンは、どのような仕組みを取っていたのでしょうか。

 当時の検索エンジンをまとめた論文を読んでみましょう。(参照:「Search Engines for the World Wide Web: A Comparative Study and Evaluation Methodology」Heting Chu, Marilyn Rosenthal1996)

 例えば、当時最大級の検索エンジンだったAltavistaについては、こう記載されています。

“1996年1月までに1600万を超えるWebページの全文をインデックスしますが、更新頻度は明らかになっていません。AltaVistaのドキュメントによると、1日に250万のWebペー​​ジを取り込み、1時間に1GBのテキストをインデックスしています。

検索結果の表示順序や関連性ランクは、一致する単語の位置(例えば、タイトルまたはテキストの本文)、一致する単語の出現頻度、および一致する単語間の距離(すなわち、何ワード離れているか)によって決定されます。”

 Altavistaと同じように、当時の検索エンジンの殆どは、Webページの中身を解析し、検索クエリがどの程度出現しているか、という頻度や距離を使って順位づけする仕組みになっていました。

 全文検索エンジンの問題は、スパムが非常に容易な点にあります。出現頻度だけで計算するなら、ただひたすら文字を増やせばいいだけですから。これは「ワードサラダ」と呼ばれ、Googleの初期ですら頻発した問題です。

理由② - ページランクと表示技術

●ページランクとは?

 ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンが考案したページランクは、そのような状況を変える上で極めて画期的なテクノロジーでした。

 ページランクとは、とても簡単に言えば

・多くのWebページにリンクされているWebページは、質が高い
・質が高いWebページにリンクされているWebページは、同じように質が高い

 という仮説を元に、Webページを点数化するアルゴリズムです。このページランクを使えば、以前のように単語をひたすら入れれば上位に表示される、ということはありません。

 つまり、より正確な結果が表示できるというわけです。

●ページランクの設計思想

 今日のGoogleの設計思想にも繋がる点は、既に1999年に、ラリーによって書かれた論文にて述べられています。(参照:「The PageRank Citation Ranking Bringing Order to the Web」Lawrence Page, Sergey Brin, Rajeev Motwani, Terry Winograd1999)

“Webページは「今日のランチにジョーは何を食べますか?」という質問から、情報検索に関する論文まで、様々な質問に答え、経験の浅いユーザーのためにも検索順位を操作しなければなりません。”

 これを見る限り、ラリーが非常にヴィジョナリーな視点で検索エンジンを捉えていたことがわかります。今日に見られるような音声検索や、AIによる質問への応答につながるのではないでしょうか。

●Googleのテクノロジー

 ともあれ、ページランクを含め、Googleの技術は他を圧倒していたようです。

 Quoraに、なぜGoogleがAltavistaに勝ったのか? という質問が投稿され、Googleを最初期から利用しているユーザーのコメントが載っています。(参照:「Why did Altavista search engine lose ground so quickly to Google?」 – Quora)

“誰かがこのスタートアップ、Googleについて教えてくれました。私はやや懐疑的ながら、アニメのようなロゴのあるサイトにアクセスしました。
最初にGoogleで検索したとき、すぐに結果が表示されました。
私はこう思いました。「彼らは本当に検索したわけじゃない。速いと思わせるために、いくつかの結果を投げただけだ」
しかし、結果を見ると、驚くほど関連性の高いページが表示されていました。
私は別の質問をしました。同じように瞬間的に、驚くほど関連性の高い結果が帰ってきました。”

 彼によれば、とにかく早く、関連性が驚くほど高かった、ということです。

次のページ 
検索連動型広告という革命

1
2
3
4
5
関連記事
6
7