Hagexさん刺殺事件にみる、暴力によって社会階層を破壊しようとする人々<北条かや>

北条かや

亡くなったhagexさんの運営していたサイト

北条かやの「炎上したくないのは、やまやまですが」その30

 ネット上の炎上事件や小ネタをまとめる人気ブログを運営し、ツイッター界隈では名の知られていたブロガー、Hagex氏(41)が暴漢に襲われて亡くなった。

 ブログ運営に関するトラブルのセミナーを開催した直後に、背後から刺されたという。人気ブロガーの突然すぎる死に、まるで悪夢を見ているような気持ちになった人は多いと思う。私もその一人だ。

 犯人の無職男性(42)は、はてなブログ上で「低能先生」と呼ばれていた。

 他人を「低能」と罵る誹謗中傷を繰り返し、迷惑がられていたという。それをHagexさんが批判し、「低能先生に対するはてなの対応が迅速でビックリ」という記事を書いたのがきっかけとなった。

 大手メディアは「ネット上の恨みが原因か」と報じ(朝日新聞2018年6月25日)、Hagexさんが逆恨みされたとの見方が有力である。

 しかし、「逆恨み」=「2者間のトラブル」を思わせる表現はそぐわない。

「やるときはやる」を誇示したかっただけの理由か

 彼と親しかったおおつねまさふみ氏(炎上対策会社「MiTERU」代表)は、26日放送のAbemaTV『AbemaPrime』ニュース内で、本当の引き金になったのは「6月10日の増田(はてな匿名ダイアリー)ではないか」と主張した。

 そこには「低能先生は引きこもりでネット弁慶だから何もできないだろう」との揶揄が書かれていたという。

 松本容疑者は、Hagexさんを刺した直後の犯行声明と思われるブログで、「おいネット弁慶卒業してきたぞ」と述べていることから、「ネット弁慶=口だけで誹謗中傷を繰り返し、何も行動できない奴」と思われたことに過剰反応したのではないか。

 犯行声明が本物だとしたら、「オレもやるときはやるんだぞ」と興奮気味に主張しているように見える。

 つまりHagexさんが殺されたのは、彼が松本容疑者(「低能先生」)を批判したユーザーのうちの1人で、たまたま名前が知られていて、たまたま容疑者が住んでいた福岡でイベントを主催したからだ。

 Hagexさんは、あまりにも理不尽な理由で命を奪われてしまった。

 容疑者は42歳。有名大を卒業したものの仕事に恵まれず、数年前からは無職だったという。そして、「低能先生」による荒らし行為は数年前から始まっていた。こうして文字に起こしただけで、彼の仕事人生があまりにも「ロスジェネ」的であると指摘する向きもある。

 ロスジェネ世代は70年代~80年代前半生まれで、社会に出るタイミングがちょうど就職氷河期だった。

 非正規雇用の割合が高く、40代になった今、無職に陥るケースも珍しくない。90年代の不況時、団塊世代やバブル世代の雇用を守るために、ロスジェネ世代は非正規雇用にとどめ置かれた。

 彼らの一部が鬱屈した内面を抱えたのは、国のせいだという意見もあるし、確かにそうなのだが、世代だけですべてが割り切れるものでもあるまい。

次のページ 
「ネット弁慶ではない」という根性試しのダシにされるネット有名人

1
2
4
5
関連記事
6
7