いよいよ開催。こんな見方も面白い!? データで見るW杯

西野監督

そもそも本戦出場国でのFIFAランキングが下から3番目の日本代表。勝算はあるか? 撮影/難波雄史

 いよいよ目前に迫ったロシアW杯。4年に一度のお祭りだけに、日本代表はもちろん、他国の試合も見逃せない。どのチームがグループステージ突破を決めるのかと、予想を立てている読者も多いだろう。そこで今回はサッカーに限らず、さまざまなデータから導きだされた出場国のランキングを分析してみた。

一人当たりの平均年俸はブラジルが1位

 まずは今年に入ってから何度も目にしたFIFAランキングの最新版。(6月7日発表)。同じグループの順位ばかりがクローズアップされがちだが、実は全体でも日本より下にいるのは同じアジアのサウジアラビアと開催国のロシアのみ。日本はお隣の韓国や初出場のパナマよりも低く、これまで“アジアの盟主”を名乗ってきたことを考えると、かなり寂しい結果となっている。

「FIFAランキング」

上位5か国
1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 ベルギー
4位 ポルトガル
5位 アルゼンチン

下位5か国
55位 パナマ(初出場)
57位 韓国
61位 日本
67位 サウジアラビア
70位 ロシア

グループH
ポーランド (8位)
コロンビア (16位)
セネガル (27位)
日本 (61位)

 しかし、このランキングを見て悲観するのは早計だ。FIFAランキングでは公式の代表戦の結果によってポイントが付与されるが、試合の重要度やチームが所属している連盟などの基準に基づいた過去4年間のポイントも関わってくる。’16年にEUROを戦ったポーランド(ベスト8)、コパ・アメリカを戦ったコロンビア(3位)に比べ、’15年に散々な結果に終ったアジア杯を戦ったきりの日本は、このランキングではやや不利とも言えるだろう。

 では、はたして年俸で勝負したら、どのような結果になるのか? 『デイリーメール』紙のウェブ版で発表された各国代表選手の平均年俸を見てみると、給料の金額で勝負した場合、決勝戦はブラジル対スペインというカードに。パリサンジェルマンで天文学的な給料をもらっているネイマール効果も手伝い、チームの平均年俸は日本円にして8億5000万円以上! ちなみに2位のスペインも一人当たり平均8億円をもらっている。

「選手一人当たりの平均年俸」

上位5か国
1位 ブラジル (約8億5000万円)
2位 スペイン (約8億円)
3位 ベルギー (約7億6800万円)
4位 フランス (約7億6700万円)
5位 ドイツ (約7億1700万円)

下位5か国
28位 コスタリカ (約9300万円)
29位 ペルー (約8200万円)
30位 チュニジア(約6500万円)
31位 イラン (約5300万円)
32位 パナマ (約2200万円)

グループH
コロンビア (約2億7800万円)
ポーランド (約2億4800万円)
セネガル (約2億4500万円)
日本 (約1億5000万円)

 全出場国中、一人当たりの平均年俸がもっとも低かったのはパナマ(約2200万円)。同じグループにはFIFAランキング3位、平均年俸も7億6800万円で3位のベルギーがおり、もし勝つことがあれば歴史に残る番狂わせとなるだろう。薄給のサラリーマンとしては彼らの奮闘に期待したいところだ。

 日本が所属するグループHでは、平均約2億7800万円でコロンビアが1位に。2億4800万円のポーランドと2億4500万円のセネガルが続き、1億5000万円の日本は最下位となった。海外組が15人も選出されたわりに、FIFAランキングに続いて給料でもグループビリという結果はややショック……。

次ページ欧州5大リーグ所属人数は?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

手掛かり不足も下値は堅いか

東京市場 ドル円は、先週、トランプ政権が中国からの輸入品500億ドル相当への追加関税を発表し、中国も同規模の報復関税で応じるとの声明をだしたことを背景に米中貿易摩擦への懸念からリスク回避の円買いが優勢となり一時110.30円近辺まで下落しました。 ロンドン市場 ロンドン勢参入後はリスク回避… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由