大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

新装なった「阪神梅田本店」の夜景。窓が印象的だ

 前回の記事「デパ地下で「せんべろ」も――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖」では、6月1日に第1期新装オープンを迎えた「阪神梅田本店」(大阪市北区)について、地階「スナックパーク」を中心に、生まれ変わった同店の魅力と新たな顧客獲得のための取り組みを紹介した。今回は地階から上層階の様子についてリポートしてみよう。

大阪の百貨店業界が抱える問題

各百貨店の増床計画発表後、僅か4年で閉店した「そごう心斎橋本店」。現在は大丸心斎橋店北館となっているが、2021年には同館にパルコも出店する予定

 さて、地階から上層階へと上がる前に、ここで大阪の百貨店業界が抱える大きな課題「オーバーストア問題」について触れなければならない。

 大阪では、2005年のそごう心斎橋本店開店以降、百貨店の増床・開店が相次いでおり、とくに2011年の高島屋大阪店(本店)、大丸梅田店(うめだみせ)の増床、JR大阪三越伊勢丹の開店、そして2012年の阪急うめだ本店の建替全面開店により、百貨店の売場面積が5割ほど増加することとなった。

 当時、オーバーストアによる過当競争状態となった大阪の状況は「2011年問題」とも称されたほどで、熾烈な競争に敗れて僅か4年で閉店に追い込まれた「JR大阪三越伊勢丹」、「そごう心斎橋本店」の話題は全国ニュースでも大きく取り上げられた。

umedahansin2

大阪市周辺の主な百貨店・都市型商業施設の動き(2005年以降)


図:大阪市に本店を置いていた百貨店6店舗の売場面積推移。これ以外にも大丸梅田店などが増床開店している(作成・都市商業研究所)

次ページインバウンドに頼らないでどう戦う?


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

手掛かり不足も下値は堅いか

東京市場 ドル円は、先週、トランプ政権が中国からの輸入品500億ドル相当への追加関税を発表し、中国も同規模の報復関税で応じるとの声明をだしたことを背景に米中貿易摩擦への懸念からリスク回避の円買いが優勢となり一時110.30円近辺まで下落しました。 ロンドン市場 ロンドン勢参入後はリスク回避… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由