「NHKから国民を守る党」議員が松戸市長選運動中に市民メディアに暴行。その顛末

松戸市長選に立候補した中村典子さん

 松戸市長選に「NHKから国民を守る党」から立候補した中村典子さんは、なんと、立花孝志区議の恋人です。選挙ポスターでも、オジサンとオバサンが微妙な「恋人つなぎ」を見せていますが、二人が恋人関係にあることは立花孝志さんが自身のYouTubeで語っているところで、正直、こっちは二人が付き合っているかどうかなんて興味がありませんが、とにかく二人は恋人であるとアピールしています。

 ただ、中村典子さんにはもともと政治家に立候補したいという気持ちはなく、彼氏である立花孝志区議に「これは運命だから」と説得され、松戸市長選に立候補することになったのです。新聞の取材などでは「船場吉兆の女将」のように隣で立花孝志区議が囁き、時には代弁して公約を述べていますが、彼女自身は公約をスラスラと述べられる人物ではないということです。なので、それを見越した市民メディアが彼女に「公約を教えてください」と質問しているのですが、答えられないことを伝えるというのも重要な仕事です。

「公約を答えられない姿を見せたくない」という気持ちもあろうかと思いますが、当然、どんな人が立候補しているのかを知る権利もあります。なにしろ、中村典子さんが立候補している理由は「松戸市議選に向けた売名行為」であることを「NHKから国民を守る党」の代表・立花孝志区議が明言しているのです。にわかに信じがたい話だと思いますが、本当は売名のために立候補しているのだとしても、それを堂々と「売名だ」と言ってしまう候補者を見たことがありません。

 もっと言うと、立花孝志区議は「葛飾区議は暇だ」とか「議員報酬のためにやっている」とも明言しており、議員としての資質が疑われる人たちであることは間違いありません。これまであまり知られてきませんでしたが、「NHKから国民を守る党」は非常に問題のある政党であると言えると思います。

市民メディアを「私人逮捕する」と言って拘束した2名の議員


 街頭インタビューを試みた市民メディアの2名に対し、日頃からNHK集金人に対してやっているような恫喝をしてきたNHKから国民を守る党の立花孝志葛飾区議と大橋昌信朝霞市議。「選挙の自由妨害」を主張し、「私人逮捕だ」と言って手首を掴み、さらには手首をひねり、引っ張って倒し、地面を引きずったのです。

 そもそも中村典子さんは公道で選挙活動をしていましたが、ただ立っていただけで、街頭演説の真っ最中だったわけではありません。道に立っているところを取材しています。話がおかしくなり始めたのは、立花孝志さんが記者に対してビデオカメラを向けてきたことで、選挙活動中の候補者に肖像権はなく、葛飾区議である立花孝志さんにも、朝霞市議の大橋昌信さんにも肖像権はありません。しかし、記者を逆撮影する正当な理由はありませんので、そもそも過剰な反応であることがわかると思います。

 また、大橋昌信市議は記者の背中を押して移動を促し、記者は体に触れないように求めましたが、およそ議員とは思えない暴言を吐きながら記者たちと対立し、立花孝志区議が記者の手首を握って「私人逮捕だ」と主張すると、大橋昌信市議も記者の手首を掴み、ひねり上げ、引っ張って倒しました。大橋昌信市議は引っ張っている方向とは別の方向に倒れているため、記者が自分から倒れ込んだと主張していますが、一番のポイントは「手首を一回転ひねり上げた状態で引っ張っている」ということです。そもそも手首をひねり上げる行為自体が危険であり、この状態で引っ張ればバランスを崩すのは当たり前です。

 怯える様子が生々しいですが、逃走の恐れがなく、証拠もあって、ある程度の身元がわかっている人間を「私人逮捕」を称し、拘束する行為に何の正当性もありません。弁護士資格を持っているわけでもないのに法律を熟知していると自称する立花孝志区議は「私人逮捕できる」と考えたようですが、何一つ私人逮捕できる要件を満たしていないので、なぜ拘束してしまったのか。大橋昌信朝霞市議に至っては、何を根拠に手首をひねり、引っ張って倒したあげく、地面を引きずることに正当性があると考えているのでしょうか。この部分に関しては、仮に選挙の妨害があったとしても認められるものではなく、肋骨骨折の重傷を負わせているので、普通に傷害罪です。もちろん、証拠の動画も残っています。

「NHKから国民を守る党」の異常性は、人が倒れているにもかかわらず、誰も救出する様子が見られないということにもあります。立花孝志区議や大橋昌信市議の暴力行為を止めるスタッフがいないどころか、それを助長させる動きをしているということです。大橋昌信市議は「自作自演」を主張していますが、手首を一回転ひねり上げた状態で引っ張って倒しているので、その主張は明らかに無理があります。結果として全治1ヶ月の重傷を負わせることになったので、被害届が提出された時点で「刑事事件」です。

次ページ暴行事件後に「私はチンピラ」とツイート


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円はこう着状態継続か

東京市場 前日のNY市場でパウエルFRB議長が「緩やかな利上げを継続する根拠が強い」と述べたことを受けて、日経平均が上昇したことを切っ掛けにドル円は一時110.76円近辺まで強含みました。 ロンドン市場 欧州勢参入後には円売りが一巡したことでドル円は110.11円近辺まで反落しました。また… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由