三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

 百貨店不況が叫ばれるこの時代、百貨店がまさに「猫の手も借りたい」状況であることは言うまでもない。百貨店来店客の年齢層が高くなるなか、「ねこ系アートイベント」は幅広い客層を呼び込むことができる「百貨店の救世主」になりつつあるのだ。  折しも日本橋三越本店では「カルチャーリゾート百貨店」をテーマとした改装工事を実施中で、一部はこの春から明るい雰囲気の売場へとリニューアルオープンしている。ちょうど今が「幅広い客層に来店してもらい、新たな売場を体感して欲しい」ときであろう。 「日本橋三越本店」の「ねこ・猫・ネコまつり」は5月13日まで全館で開催されている。  日本橋を訪れた際には三越へと足を運び、新しい売場を体感しつつ「ライオンに憧れたねこ像」と記念写真を撮ってみてはどうだろうか。

日本橋三越本店「ねこ・猫・ネコまつり」は5月13日(一部は14日まで)開催中だ

<文/若杉優貴 取材・撮影/淡川雄太(都市商業研究所)> 都市商業研究所 若手研究者で作る「商業」と「まちづくり」の研究団体。Webサイト「都商研ニュース」では、研究員の独自取材や各社のプレスリリースなどを基に、商業とまちづくりに興味がある人に対して「都市」と「商業」の動きを分かりやすく解説している。Twitterアカウントは「@toshouken
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right