「私は日本代表の永遠のサポーターです」ハリルホジッチ前監督会見リポート

会場は報道関係者が立ち見に

会場は報道関係者が立ち見に

 日本プロサッカーの前監督・ヴァヒド・ハリルホジッチ氏が4月27日、日本プレスセンターの大ホールにて記者会見を行った。会場は立ち見が出るほどの報道関係者であふれた。

 会見冒頭でハリル氏は

「この日本という素晴らしいお国を私自身、初めて体験してまいりました。そしてこの私どもが家族とともに大好きな日本というお国でございますけども、やはりそこには伝統が、歴史が、そして文化が、そしてまたさまざまな習慣というもの、それに加えましていろいろな仕事のやり方というものがあり、それを大いに評価しているわけでございます。いろいろなものを敬いながらやる。こうした日本というお国。

そして私自身はこの日本という大変素晴らしいお国に参りましたのは、観光客として、物見遊山で来たわけではなく、やはりもしかしたら私のこの手で、この日本という国のサッカーに、何かをもたらすことができるのではないかという気持ちで来たわけでございます」

 と、日本についての感想を述べた。また、サッカーチームの統制については、

「毎週月曜日になりますと、こうして全員のスタッフとミーティングを持ちました。そして実際にテクニカルスタッフとともに、そうですね、50人ほどの選手についての1人1人の報告書というものを作っていって、それプラスアルファとして、いわゆるゴールキーパーの5人、6人についての報告書を作り上げていったわけです。例えばメディカルレポートということになりますと、故障した選手がいるならばすぐ連絡を取って、どういう状況なのか聞いてみたりとか、ですからいろいろと広報、コミュニケーションのスタッフとも、それからまた何か問題があるときにはアドミンの、つまりは管理部のスタッフともいろいろと連絡を取ってきたわけです。そしてまた代表チームのためのいろんな合宿、遠征というものをいたしますが、そうなりますと、例えば合宿ということになりますと、じゃあいつその合宿をスケジューリングするのか、どういう形でそういった合宿というものをやっていくのかということで、スタッフの数にして50人ほどいたわけです」

「そしてこの3年前から私といたしましては、誰ともなんの問題もなかった。特に選手との問題はございませんでした。この3年間というのは、もう本当に常に、コンスタントにそうした選手たちと常に連絡を取り合っていた。つまりは海外組だろうと、また日本の国内組だろうと。もう何度も、そうですね、海外組の選手と電話で話したことでありましょう。そして国内組もそうです。ですからこうして連絡を取り合って、そしてまたコミュニケーションというものをずっとコンスタントに取り続けていたんです。そしてそれぞれが誰とどういう話をするのかということをちゃんと、ですからどのコーチにしましても、じゃあ誰とどういう話をしなきゃいけない、そしてどういったメッセージを伝えなくてはいけないということをきっちりと、かっちりとやってきたわけです」

 と、スタッフと選手と密な関係を持ち続けた来たことをアピールした。

予選は首位で通過した

 ハリル氏はそして、自身の実績を次のようにアピールした。

「予選は通過した。それもいわゆる首位で通過したわけです。われわれのいたグループというのは、それは大変なグループでもございました。でも皆さんの中には、いや、当たり前じゃないか、だって日本はいつも予選通過してきたんだからというふうにおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんけど、そんな楽なことではございませんでした。で、守備にも攻撃にもベストでした。そしてそれも歴史に残るような試合もしたんです。それは、こんなの初めてだったんですよね。

初戦を落として、それで予選通過ができるチームっていうのは初めてだったんですね。オーストラリアに最初に勝ったんですから。もう全員がパニクっていましたよ。特に、ハリルは若い選手を起用するじゃないかといったときの皆さんのパニクりぶり。でもそれにもかかわらず、素晴らしい勝利というものを勝ち取ったんです」

ハリルホジッチ「UAEのチームに日本代表チームがアウェーで初めて勝った。そしてまた、もう1つ歴史的な勝利というのが対ブルガリア戦で、7-2で勝った。ええ、ヨーロッパのチームでそれほどまでの差をつけて勝つっていうのは、今までかつてなかったことだったんです。ですから本当にいろいろな意味で成功してきたことというのがこの3年間ございました。でもそれでもみんな満足できないということであるわけで、でも私自身は、いやあ、もう満足以上のものがありました。でも本当に難しいというような、そんなときだっただけに、私はこれだけできたということで満足しています」

次ページ「ハリルさん、お別れすることになりました」


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 昨日のドル円は、東京市場では先週末の米中通商協議で米国が中国への関税措置を保留したことを受け、ドル買いが進み一時111.06円近辺まで値を上げました。ドル買いの一巡後は利食い売りから一時110.95円近辺まで値を落としましたが、下値は限定的となりました。その後は、日経平均株価の120円超… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由