「私は日本代表の永遠のサポーターです」ハリルホジッチ前監督会見リポート

及川健二
会場は報道関係者が立ち見に

会場は報道関係者が立ち見に

 日本プロサッカーの前監督・ヴァヒド・ハリルホジッチ氏が4月27日、日本プレスセンターの大ホールにて記者会見を行った。会場は立ち見が出るほどの報道関係者であふれた。

 会見冒頭でハリル氏は

「この日本という素晴らしいお国を私自身、初めて体験してまいりました。そしてこの私どもが家族とともに大好きな日本というお国でございますけども、やはりそこには伝統が、歴史が、そして文化が、そしてまたさまざまな習慣というもの、それに加えましていろいろな仕事のやり方というものがあり、それを大いに評価しているわけでございます。いろいろなものを敬いながらやる。こうした日本というお国。

そして私自身はこの日本という大変素晴らしいお国に参りましたのは、観光客として、物見遊山で来たわけではなく、やはりもしかしたら私のこの手で、この日本という国のサッカーに、何かをもたらすことができるのではないかという気持ちで来たわけでございます」

 と、日本についての感想を述べた。また、サッカーチームの統制については、

「毎週月曜日になりますと、こうして全員のスタッフとミーティングを持ちました。そして実際にテクニカルスタッフとともに、そうですね、50人ほどの選手についての1人1人の報告書というものを作っていって、それプラスアルファとして、いわゆるゴールキーパーの5人、6人についての報告書を作り上げていったわけです。例えばメディカルレポートということになりますと、故障した選手がいるならばすぐ連絡を取って、どういう状況なのか聞いてみたりとか、ですからいろいろと広報、コミュニケーションのスタッフとも、それからまた何か問題があるときにはアドミンの、つまりは管理部のスタッフともいろいろと連絡を取ってきたわけです。そしてまた代表チームのためのいろんな合宿、遠征というものをいたしますが、そうなりますと、例えば合宿ということになりますと、じゃあいつその合宿をスケジューリングするのか、どういう形でそういった合宿というものをやっていくのかということで、スタッフの数にして50人ほどいたわけです」

「そしてこの3年前から私といたしましては、誰ともなんの問題もなかった。特に選手との問題はございませんでした。この3年間というのは、もう本当に常に、コンスタントにそうした選手たちと常に連絡を取り合っていた。つまりは海外組だろうと、また日本の国内組だろうと。もう何度も、そうですね、海外組の選手と電話で話したことでありましょう。そして国内組もそうです。ですからこうして連絡を取り合って、そしてまたコミュニケーションというものをずっとコンスタントに取り続けていたんです。そしてそれぞれが誰とどういう話をするのかということをちゃんと、ですからどのコーチにしましても、じゃあ誰とどういう話をしなきゃいけない、そしてどういったメッセージを伝えなくてはいけないということをきっちりと、かっちりとやってきたわけです」

 と、スタッフと選手と密な関係を持ち続けた来たことをアピールした。

予選は首位で通過した

 ハリル氏はそして、自身の実績を次のようにアピールした。

「予選は通過した。それもいわゆる首位で通過したわけです。われわれのいたグループというのは、それは大変なグループでもございました。でも皆さんの中には、いや、当たり前じゃないか、だって日本はいつも予選通過してきたんだからというふうにおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんけど、そんな楽なことではございませんでした。で、守備にも攻撃にもベストでした。そしてそれも歴史に残るような試合もしたんです。それは、こんなの初めてだったんですよね。

初戦を落として、それで予選通過ができるチームっていうのは初めてだったんですね。オーストラリアに最初に勝ったんですから。もう全員がパニクっていましたよ。特に、ハリルは若い選手を起用するじゃないかといったときの皆さんのパニクりぶり。でもそれにもかかわらず、素晴らしい勝利というものを勝ち取ったんです」

ハリルホジッチ「UAEのチームに日本代表チームがアウェーで初めて勝った。そしてまた、もう1つ歴史的な勝利というのが対ブルガリア戦で、7-2で勝った。ええ、ヨーロッパのチームでそれほどまでの差をつけて勝つっていうのは、今までかつてなかったことだったんです。ですから本当にいろいろな意味で成功してきたことというのがこの3年間ございました。でもそれでもみんな満足できないということであるわけで、でも私自身は、いやあ、もう満足以上のものがありました。でも本当に難しいというような、そんなときだっただけに、私はこれだけできたということで満足しています」

次のページ 
「ハリルさん、お別れすることになりました」

1
2
3
4
5
関連記事
6
7