水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

荒木経惟氏との長年の確執を告白した、Kaoriさんのブログ

北条かやの「炎上したくないのは、やまやまですが」【その21】

 世界的に有名な写真家、荒木経惟(アラーキー)に「#meToo」の告発が寄せられ、波紋を広げている。告発したのは、2001年から2016年まで彼のモデルを務め、彼の「ミューズ」とも呼ばれたダンサーのKaoRiさん。

 彼女が2018年4月1日に公開した約7000文字にわたるnoteには、16年もの間、荒木氏に服従を強いられてきたこと、解放を求める彼女に対し、荒木氏の対応が非常に抑圧的であったことが窺える。告発を受け、モデルの水原希子さんも、数年前に荒木氏との撮影で苦痛を受けた旨を公表。多くのメディアが取り上げる事態となっている。

「その知識、本当に正しいですか?」と題されたnoteによると、KaoRiさんと彼との関係は「完全に写真家とモデル」で、恋人関係ではなかった。ところが、被写体としての契約書はなく報酬も支払われなかったという。

「初めてヌードになった時、メイクさんに確認をすると『荒木さんはそういうのないなぁ』『日本ではそれが普通』と言われ、アラーキーほどの人なのだから悪いことはされないだろうと思っていました。(中略)まだまだ若く甘すぎた。それで、どんどん仲が深まって、言い出せない関係にまで発展してしまったのが最大の過ちでした」(KaoRiさんのnoteより)

 衆人環視のもとヌード撮影を強制されたり、彼女を写した写真集やDVDが何の相談もなく出版されたり、過激なパフォーマンスを強いられたりした。疑問を感じ、関係改善を求めても「知らない」「俺は関係ない」「気にするのが悪い」等と言われ、2016年には「有限会社アラーキーに対する名誉毀損と営業妨害に当たる行動を今後一切いたしません」という書類にサインするよう強要されたという。

 荒木氏の写真には、KaoRiさんや妻の陽子さん、他のモデルなど被写体との親密な関係がよく映し出されている。たしかに黒髪の女性が和服を着崩したり、縛られて半裸になったりしている写真は、日常的なエロスを表現したと言えなくもない。が、被写体を「切り取る」という言葉があるように、カメラで他者を撮影する営みはすべからく搾取性と抑圧をはらんでいる。

次ページ東洋への憧れと差別心が一体になった「オリエンタリズム」


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由