日本のロケットベンチャー「インターステラテクノロジズ」のロケット、4月28日に打ち上げ再挑戦

ISTが開発したMOMOロケット2号機と、同社社長の稲川貴大さん、同社ファウンダー・取締役の堀江貴文さん Image Credit: インターステラテクノロジズ

 北海道に拠点を置く宇宙企業インターステラテクノロジズ(IST)は2018年3月28日、開発中の観測ロケット「MOMO」の2号機を、4月28日に打ち上げると発表した。

 MOMOの1号機は昨年7月に打ち上げられ、エンジン性能の実証を行うなど成果を残すも、最大の目的だった宇宙空間への到達は、トラブルにより果たせなかった。

 同社では9か月という短い期間で、1号機のトラブルを分析すると共に、機体を改良・強化した2号機を開発。関係者は「リベンジ戦だ」と成功に向けて意気込む。

高度100kmの宇宙を目指す「MOMO」

 MOMOは、ISTが高度100kmの宇宙空間を目指して開発している観測ロケットである。名前のMOMOも、百(もも)から来ている。

 ロケットには、「衛星打ち上げロケット」と、MOMOのような「観測ロケット」の大きく2種類がある。衛星打ち上げロケットは、文字どおり人工衛星を軌道に乗せることを目的にしたロケットのこと。衛星を軌道に乗せるには莫大なエネルギーが必要になるため、大きくて複雑な機体をしている。

 いっぽうの観測ロケットは、小規模な観測装置や実験装置を載せ、一般的に宇宙と呼ばれる高度100km以上に飛ぶことを目的としたロケットのこと。軌道には乗らず、最高高度に到達したあとはそのまま落下する(たとえるなら野球でとても高いフライを打ち上げたようなもの)。

 観測ロケットには、衛星では観測できないような高度の環境を調べることができるなど、衛星打ち上げロケットにはない、観測ロケットならではの特徴、使い道がある。ISTでは宇宙実験や、宇宙や高層大気の観測、新しい装置の試験をはじめ、ロケットの打ち上げそのものを利用した宣伝やエンターテインメントなど、幅広い用途での需要を見込んでいる。

 ちなみに衛星を打ち上げるのと比べ、高度100kmに達するだけなら必要なエネルギーは10分の1ほどですむので、ロケットは小型で、シンプルな機体をしている。そのため比較的開発もしやすい。しかし、立派な本物のロケットなので、決して簡単というわけではなく、また将来の衛星打ち上げロケットの開発に向けた練習にもなる。

MOMO 2号機 Image Credit: インターステラテクノロジズ

次ページ「リベンジ」を果たせ!


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由