日本が開発した「世界最小ロケット」、打ち上げ成功! そこに秘められた大きな可能性

JAXAが開発した世界最小の衛星打ち上げロケット「SS-520」5号機の打ち上げ Image Credit: JAXA

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年2月3日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から、「SS-520」ロケットの5号機を打ち上げた。ロケットは順調に飛行し、搭載していた超小型衛星を軌道に投入することに成功。昨年1月には同型機の初打ち上げに失敗していたが、その雪辱を果たした。

 SS-520 5号機は、人工衛星を打ち上げられるロケットとしては世界で最も小さい。しかし、JAXAがこのロケットを開発した理由は、もちろん世界最小ロケットという記録を作るためではない。そこには宇宙ビジネスという新たな産業を日本に根付かせ、そして世界から遅れを取らないようにするという、大きな意義と可能性がある。

SS-520 5号機とは?

 SS-520は、JAXAが開発した「観測ロケット」――主に地球の上空の大気や、宇宙空間を観測することを目的としたロケットで、これまでに多くの実績をもつ。

 観測ロケットは、地球を回る軌道に衛星を打ち上げることは目的としておらず、そもそもそのように造られていない。衛星を打ち上げるためには膨大なエネルギーが必要になるため、同じロケットという名前でも、大きく異なる技術が必要になる。

 しかしSS-520は、観測ロケットとしてかなり性能が高いことから、以前より「小さなロケットを追加すれば、超小型の衛星なら、ぎりぎり打ち上げることができるのでは」と考えられてきた。古今東西、これ以上小さなロケットで衛星を打ち上げた例はなく、実現すれば「世界最小の衛星打ち上げロケット」になる。実用性がないこともあって長らく机上の空論だったが、SS-520の4号機で、それが実行に移されることになった。

 改造が施されたSS-520の4号機は、2017年1月15日に打ち上げられた。しかし、飛行中にロケットから届くはずの通信が途絶。安全が確認できなくなったことから、それ以上の飛行を行わないことが決断された。ロケットは第2段ロケットへの点火を中止し、そのまま太平洋上へ落下、失敗に終わった。

 その後の調査で、データを送る装置などにつながる電源のケーブルが、飛行時の振動で機体とこすれて損傷し、短絡・地絡(ショート)した可能性が高いと結論づけられた。SS-520で衛星を打ち上げるというのは、計算上は可能だとはいえ、実際にはかなり難しい挑戦であり、徹底した軽量化が求められた。その結果、飛行に耐えられないほど弱い部分ができてしまったのである。

 この失敗後、JAXAは早い段階から再挑戦することを表明。問題点を改修した上で、新たに5号機が製造された。

 そして2月3日14時03分00秒(日本時間)、SS-520 5号機は鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から発射。今回は計画どおり飛行し、打ち上げから約7分30秒に搭載していた超小型衛星「TRICOM-1R」を分離、軌道への投入に成功。その後、衛星は「たすき」と命名された。

 1年前の雪辱を果たしたばかりか、「世界最小のロケット」の称号も手に入れることになった。

白煙を残しながら飛んでいくSS-520 5号機 Image Credit: JAXA

次ページ需要増す超小型衛星


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由