米ベンチャーの超小型ロケットが打ち上げに成功。宇宙ビジネスがさらに加速へ!

ロケット・ラボが打ち上げた「エレクトロン」ロケット Image Credit: Rocket Lab

 米国のベンチャー企業「ロケット・ラボ」は2018年1月21日、新開発の超小型ロケット「エレクトロン」の打ち上げに初めて成功。搭載していた3機の超小型衛星を宇宙へと送り届けた。

 質量が数百kg~数十kgほどの小型衛星を打ち上げることができる超小型ロケットは、現在世界中で開発が進められており、今回の成功によって同社が一歩抜きん出た形となった。しかし、小型衛星市場の拡大と共に、さらに多くのロケットが登場すると期待されている。

 なぜ、こうした超小型ロケットが求められているのか、なぜベンチャーが開発にいそしんでいるのか、そしてどのような可能性があるのかだろうか。

なぜ、超小型ロケットが必要なのか

 近年、その市場規模が拡大しつつある宇宙ビジネスの中で、エレクトロンのような超小型ロケット(英語ではマイクロ・ローンチャーなどと呼ばれる)は、かねてより待ち望まれていた存在だった。

 宇宙ビジネスが拡大しつつある理由のひとつに、衛星の小型化がある。電子部品の技術進歩と低コスト化により、高性能な小型衛星が、安価に製造できるようになった。その結果、かつては1トン以上ある衛星でしかできなかったことが、小型の衛星でもできるようになった。

 小型で安価ということは造りやすく、ベンチャーが新規参入しやすいということでもある。また、数十機から数千機単位という大量の衛星を打ち上げ、いままでにない、まったく新しいサービスを展開することもできる可能性もある。

 しかし、せっかく小型衛星を開発しても、それを宇宙へ打ち上げる手段が限られていた。

 これまでは、大型のロケットで大型の衛星を打ち上げる際に生じる余力を利用するのが主流だった。しかし、打ち上げの時期や、衛星が投入される軌道を大型衛星に合わせなくてはならず、自由な時期に、打ち上げたい軌道へ打ち上げることができない。

 そのため、小型衛星を打ち上げることに特化した、それでいて低コストな、超小型ロケットが待ち望まれていたのである。

超小型衛星の一例。これは「キューブサット」と呼ばれる、1辺が10cmの立方体でできた衛星で、わずか1kgしかない Image Credit: NASA

次ページNZ発のロケットラボが米国に本社を置く理由


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由