心理学本を読み漁っているサラリーマンが絶対に参考にしてはいけない営業テクニックとは?

意識高い系サラリーマンが陥りがちな直線的ミスについて紐解いていく連載第二回

 こんにちは、サラリーマンメンタリストTatsuです。

 前回(『上司に「死ね」と言われうつ病になったサラリーマンが、トップ営業になるまで』)は、仕事のできないダメ大手企業社員である上、前代未聞のパワハラ上司に悩まされていた私が、メンタリズムを営業に取り入れたところ飛躍的に成績を伸ばした経験をお話ししました。

 そこで例示したのが、「ミラーリング」です。これはメンタリズムの定番テクニックでもあります。

 今回はその実践例を見ていきましょう。

 仕事の商談で最初にクライアントに会うときって緊張しますよね。事実、私の経験則的に最初の30分程度の会話でクライアントのこちらの印象は決まってしまうもの。特に営業マンは、この最初の30分のために仕事をしている言っても過言ではないでしょう。

 しかし、商談のためにさまざまな作戦を立てたにもかかわらず、その作戦が失敗に終わってしまったある男性の事例を紹介します。

 彼は、どこが悪かったのか。わかりますか?

なぜメンタリズムを駆使した商談はうまく行かなかったのか?

 建築資材メーカー扶桑工業(仮名)の営業マン田代康介(28歳)。入社5年目で研修の1年を経て営業部に配属。就業後はビジネス書を読み漁る努力家です。特に田代さんが好むのが心理学や英語などの書籍。

『営業マンに使える心理テクニック』などのタイトルの本を書店で見かければ、迷わず即買い。そんな彼が最近特にハマっていたのがメンタリズムでした。

 今日13時からのアポは茅場町にある建設会社スパーク建設。資本金40億円、関東エリアを中心に展開する同社は、オフィスビルを中心に大型案件も少なくなく、自社の資材供給の契約をもらえば、かなりの大きな取引なります。

 研修後、営業部に配属されて5年。そろそろ大きな受注がほしいところです。

 電話の営業から、アポに至った今回の案件、話を聞くのは先方の営業部長山田氏。名刺交換から始まり、パンフレットを開きながら簡単に自社サービスの紹介をします。

「で、弊社の商品なのですが、中小のビルの場合、納品が最短で3ヶ月程度で済ませることができます」

「なるほど。でこのページについてなんだけど……」

 出だしは好調のよう。ここで田代さんはクライアントの山田氏の動きを見て、心理学の本に書いてあったあるテクニックを使い始めました。

 それは、ミラーリング。

 ミラーリングとは、言葉通り相手の行動を鏡に写っているかのように模倣する動きのこと。それによって相手に共感を示したり、相手に親近感を持たせる効果があるのです。

田代「では、改めて資料のほうを見ていただきたいのですが……」
山田「ええ、このページね。あ、違った次のページか。ゴホンッ(咳をする)」
田代「はい、こちらのページです。ゴホン(咳をする)」
山田「どれがウチで導入できる製品なの?」
田代「こちらのラインナップの中でも値段が中間のものになります」
山田「ああ、これか」(クライアントの山田氏、水を飲む)
田代「はい、こちらなら導入まで3~4ヶ月ほど待っていただければ」(田代も水を飲む)
山田「3ヶ月か……それだと今からギリギリかな」

 30分ほどの商談を終え、茅場町駅のホームに立つ田代さん。今日の商談はうまくいった、と確信したのは、ミラーリングがうまく実践できたから。

 山田氏はこれまで、つい商談に一生懸命になり、心理学のテクニックを駆使するのを忘れることが多かったのです。

 しかし、今回は違う。

 山田氏が資料をめくるタイミングでちゃんと資料をめくったし、お茶を飲むタイミングも一緒。頭をかいたときにはちゃんとこちらも頭をかいた。咳まで一緒に。必死に観察した賜物です。

 ところが、商談から3日ほどメールも電話の連絡もなし。

 いったい、なぜ……? そこで思い切って先方の電話をしたところ、思わぬ回答が返ってきました。

山田「もう御社と取引するつもりはないです。田代さん、仕事の仕方考え直したほうがいいよ」
田代「はい?どういうことですか?」
山田「君は何かおかしな行動したことに気づいてないのか?」
田代「はて、何のことですか?」
山田「僕のことを馬鹿にしてないかい?なんで僕が咳をすると咳をしたの?あれはおかしいでしょ」
田代「いえ、そんなことは……!」

 ここで田代さんは初めて自分の失態に気づいたのです。

(もしかして、あのミラーリングがマズかったのか……?)

 せっかく実践したミラーリングとが、なぜ商談に結びつかなかったのか。ここには心理学の本に散々書かれているミラーリングというテクニックが持つ一つの罠が隠されていたのです。

次ページ「こいつ、俺のことをバカにしているのか?」


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

欧米の貿易摩擦は加速するか

先週金曜日(22日)のサマリ 東京市場  ドル円は小動きな展開でした。仲値に向けた買いから小幅に上昇したものの、仲値後には失速し110.00円前後を静かに推移しました。また、日経平均が後場に入ると、260円超安となったものの影響は限定的でした。 ロンドン市場 欧州勢参入後には調整的な円売り… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由