日本の小型ロケット「イプシロン」3号機、打ち上げ成功。その実力と未来、そして欠点とは?

鳥嶋真也

「イプシロン」ロケット3号機の打ち上げの様子 Image Credit: JAXA

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)とIHIエアロスペースは2018年1月18日、新型の小型ロケット「イプシロン」3号機の打ち上げに成功。搭載していた日本電気(NEC)が開発した地球観測衛星「ASNARO-2」を宇宙へ送り届けた(ASNARO-2については拙稿『NECが公開した高性能小型衛星「ASNARO-2」、ICTとの組み合わせで世界と勝負』参照)。

 2013年に初めて打ち上げられたイプシロンは、これまで着実に打ち上げ試験と改良を重ね、今回の成功で一区切りを迎えた。これからはさらなる低コスト化を目指した改良と、そしてより安定した運用と、国内外への打ち上げ輸送サービスの販売、受注に向けた取り組みが本格化する。

 しかし、とくに後者のより安定した運用と、打ち上げ輸送サービスの販売に向けては、課題も多い。

1号機からも、2号機からも進化したイプシロン

 イプシロンは、日本が小型の人工衛星を自律的に、そして手軽に打ち上げることを目指して開発したロケットで、2013年に試験機(1号機)の打ち上げに成功。2016年の2号機の打ち上げを経て、今回が3号機となる。

 この間、イプシロンにはさまざまな改良が施され、試験機と比べ、大きく異なるロケットに進化した。

 たとえば試験機は、ロケットを手軽に打ち上げる技術の実証を目的としていたため、ロケットそのものは既存のものを流用するなどした、未完成の機体だった。

 試験機が成功したのち、JAXAではイプシロンのロケットそのものの改良を実施。「強化型」と呼ばれるこの改良によって、打ち上げ能力が大きく向上し、衛星の搭載環境も改善した。2016年に打ち上げられた2号機が、この強化型イプシロンの1号機となり、無事に成功している。

 そして今回の3号機では、さらに2つの新しい新技術が投じられた。ひとつは、衛星を狙った軌道に正確に投入するため、軌道を微調整できる小型のロケットで、従来あったものを改良し、性能を上げた。

 もうひとつはロケットから衛星を切り離す際に使う新しい分離装置で、これまでは火薬を使っていたものを、機械的な仕組みで分離できるようにし、衛星にかかる衝撃を小さくした。その衝撃の小ささは世界トップレベルで、「乗り心地のいいロケット」として、イプシロンの売りのひとつでもある。

 そして今回の打ち上げで、この2つの新技術は無事に実証に成功。強化型イプシロンの開発はこれで一区切りを迎えたことになる。

「イプシロン」ロケット3号機の打ち上げの様子 Image Credit: JAXA

次のページ 
今後はどうなる?

1
2
3
4
5
関連記事
6
7