ファミコンで株を学んだ男が資産15億円を達成するまでの道のり

 名だたる億超え投資家たちも一目おく凄腕投資家として知られる、横這勝利氏。爆上げ銘柄やTOB銘柄を次々的中させ、資産は激増。昨年15億円を突破した。どうやってここまで上り詰め、今、どんな銘柄に注目しているか。取材班がむりやり聞き出した。
横這勝利氏

横這勝利氏

資産15億円突破! 横這氏の栄光の軌跡を振り返る

エンスパ’17年夏号』で紹介した銘柄から2.4倍高も登場。次々と爆上げ銘柄を的中させる“自由億”トレーダーの横這氏のこれまでの半生をたどった。  自由億――アベノミクス以降、「資産1億円」を突破した個人投資家のことを“億り人”と呼ぶようになったが、いつしか「資産10億円」を達成した個人投資家を“自由億”と称えるようになった。本当の自由を手にした者だけが称えられる、文字どおりケタ違いの存在だ。  名だたる億超え投資家たちからもっともアツい視線を送られているのが、「横這勝利」氏(仮名)だ。横這氏は徹底した企業分析を通じて会社の経営方針を読み、企業へ直接アプローチすることもある専業個人投資家で、現在の運用資産は15億円に達する。  以前、記者も横這氏が参加するオフ会や忘年会に同席させてもらったことがあるが、錚々たる個人投資家が横這氏の銘柄選別や企業分析に耳を傾け、必死にメモを取っている様子が印象的だった。横這氏は億トレーダーたちからも一目置かれるスーパートレーダーなのだ。  これまで編集部は何度か横這氏に取材をさせてもらい、注目銘柄を掲載してきた。たとえば、6月15日発売『エンスパ’17年夏号』の袋とじでは6銘柄を教えてもらい、発売から2か月の時点で、ジーンズメイトの2.4倍高をはじめ、注目した6銘柄の平均上昇率が41%超という驚異の成績となった《『エンスパ’17年夏号』で見事的中させた銘柄の一例》 ●ジーンズメイト(東1・7448) 382円⇒927円 ●川崎化成工業(東2・4117) 170円⇒257円 ●都築電気(東2・8157) 675円⇒1285円
次のページ 
投資への入り口は「ファミコンゲーム」からだった
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right