“マネキン・スカイウォーカー”宇宙へ! Amazon創業者のロケット、宇宙旅行の実現に向け開発進む

宇宙旅行の実現を目指して、ブルー・オリジンが開発中の「ニュー・シェパード」ロケット Image Credit: Blue Origin

 Amazon.com創業者ジェフ・ベゾス氏の宇宙企業「ブルー・オリジン」は2017年12月12日(現地時間)、宇宙旅行の実現を目指して開発中の、新しいロケットと宇宙船の打ち上げに成功した。

 打ち上げ試験は数年前から続けられているが、今回はより実際に宇宙旅行で使う機体に近い、改良型の機体を使った初めての試験だった。

 これにより、2018年に予定されている初の有人飛行、そして宇宙旅行の実現に向けて、大きな一歩を踏み出した。

わずか数分、されどそこは宇宙空間

 ブルー・オリジンは、Amazon.comの創業者でCEO、またワシントン・ポスト紙のオーナーとしても知られる、世界有数の大富豪ジェフ・ベゾス氏によって立ち上げられた宇宙企業である。

 2000年の設立以来、同社は「人類が宇宙に進出し、活動の場とするため」という目標に向け、「Gradatim Ferociter」(ラテン語で「一歩一歩、獰猛に」)というモットーを掲げ、ロケットや宇宙船の開発を続けてきた。

 ブルー・オリジンは現在、大きく2種類のロケットを開発している。

 ひとつは、大型の人工衛星や宇宙船を、地球を回る軌道に打ち上げられる大型ロケット「ニュー・グレン」で、2020年の初打ち上げを目指している。

 そしてもうひとつが、地球の軌道には乗らないものの、高度100kmの宇宙空間にまで到達できる、「ニュー・シェパード」というロケットである。

 地球を回る軌道にものを打ち上げるには莫大なエネルギーが必要で、ロケットも設備も大掛かりなものが必要になる。

 しかし、ただ高度100kmに到達するだけなら、その10分の1ほどのエネルギーで済む。この場合、ずっと宇宙に滞在することはできないが、高度100kmに達したあたりでは真っ暗な宇宙空間と青い地球を眺めることができ、宇宙船の中は微小重力環境(いわゆる無重力状態)にもなるため、わずか数分間ではあるものの、それさえ割り切れれば、比較的手頃に「宇宙旅行」を楽しむことができる。

 また、必要なエネルギーが少なく済むということは、その分ロケットや宇宙船もシンプルかつコンパクトにでき、結果的に乗客が支払う運賃も安価になる。

次ページ目指すは宇宙旅行


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由