観測史上初、太陽系の外から謎の天体が飛来! 「オウムアムア」と呼ばれる天体の正体とは?

鳥嶋真也

欧州南天天文台が作成した恒星間天体「オウムアムア」(’Oumuamua)の想像図。観測データから、天文学者らは細長いペンのような形をしているのではと考えている Image Credit: ESO/M. Kornmesser

 もしも、遠い宇宙から地球に異星人がやってきたとしたら――。友好的だったり敵対的だったり、内容はさまざまなれど、これまで多くの小説や映画などでそんな淡い妄想が描かれてきた。

 そしてもし、それが現実のものになったら。そんなことをつい考えてしまうような出来事が起きた。

 2017年10月25日のこと、天文学者は、太陽系の中を通過する、ある奇妙な天体を発見した。通常、小惑星でも彗星でも、太陽を回るようにして宇宙を飛んでいる。しかし天文学者が計算したところ、この天体はなんと、太陽系の外からやってきて、たまたま太陽系の中を通過していったものだったのである。

 はたしてこの天体の正体はいったいなんなのか。発見以来、現在に至るまで、世界中の望遠鏡がこの天体に向けられ、観測が続けられている。

その名は「オウムアムア」(’Oumuamua)

 この謎の天体を発見したのは、ハワイに設置されている未知の小惑星や彗星を発見するための望遠鏡だった。

 私たちは太陽系の中にある小惑星や彗星の数を、まだ正確には知らない。まれに、新しい彗星が発見され、「地球からも見えるかも?」と話題になるのはそのためである。しかし、もしかすると地球に衝突するように飛んでくるものもあるかもしれない。そうした危機に備え、地球に近づく小惑星や彗星を検知するため「パンスターズ」と名づけられたシステムが構築され、ハワイにその望遠鏡の一群が設置されている。そのパンスターズが、この天体を捉えたのだった。

 観測していた天文学者らは、すぐさまこの天体が、よく飛んでくる小惑星や彗星ではないということに気がついた。というのも、天体の飛ぶコース(軌道)を調べたところ、太陽を軸にして回っていないことが判明。すなわち、太陽系の外から飛んできて、たまたま太陽系の中に入り、パンスターズの観測に引っかかったのだった。

 太陽系の外から飛んできた天体が見つかったのは、歴史上これが初めてである。もっとも、こうした天体が存在することは古くから予測はされており、人類の観測技術の発達と、いくつかの条件がそろった結果、捉えることができた、と考えるほうが正しい。つまり過去にもこうした天体はいくつも飛んできていたし、これからもこうした天体が見つかることもあるだろう。

 当初、このような天体に対する命名規則ができておらず、どう呼ぶかについては長らく議論が続いたが、その後「1I/2017 U1」という符号で呼ぶことが決まり、そして11月7日には、ハワイの言葉で「遠方からの斥候・使者」といった意味の「オウムアムア」(’Oumuamua)という愛称が与えられた。

次のページ 
オウムアムアについてわかってきたこと

1
2
3
4
5
関連記事
6
7