【現役愛人が説く経済学4】愛人を求める富裕層男性を落とす殺し文句は「お金いりません」

富裕層男性が本当に求める潜在ニーズとは!?

 こんにちは。東條才子と申します。見た目はいたって普通のOLですが、常時4~5人の男性と「愛人」契約を結んでいる点は、ちょっと「普通」ではないかもしれません。さて今回は、「愛人を欲しがる男性の気持ち」について考えてみたいと思います。

 前回は愛人の心得として、富裕層男性の「ニーズ」を満たすことの重要性をご説明いたしました。

 お金持ちの男性にも色々なタイプがおり、蓼食う虫も好き好きですから、「愛人に求めるもの」も千差万別なんですね。「美女をとっかえひっかえして、ミシュランの店で見せびらかしたい」人もいれば、「素朴な女性と出会って、癒やされたい」人もおります。個々の男性にヒアリングすれば、もっと細かな好みが出てくることでしょう。重要なのは、「愛人が欲しい」という「顕在ニーズ」よりも、その背景にある「潜在ニーズ」を意識することです。

 商品にたとえますと、お客様が「アイスを食べたい」という「顕在ニーズ」の裏には、「暑いので涼を取りたい」とか、「ストレスを感じているので甘いものが欲しい」など、様々な「潜在ニーズ」があるものです。優れた営業マンは、ヒアリングによってお客様の潜在ニーズを掘り起こすのが上手いともいわれますね。営業職の皆さんは嫌がるかもしれませんが、愛人関係もこれと似たようなところがございます。

独占契約を取りたいなら、アピールする価値を見極める

 ある会社経営の男性(50代)は、「奥さんや子供とは行けない場所(高級レストランやバー等)に、一緒に行ける女性がいい」とおっしゃっていました。だから自分は、年下の独身女性と付き合いたいのだと。ここまでは分かりやすい「顕在ニーズ」ですね。

 ところがヒアリングをするうち、彼がたびたび「キャバクラ」や「ホステスクラブ」の話をすることに気が付きました。経営者という仕事柄、毎週のように接待で飲み明かすそうですが、そういうところにいる女性と仲良くなろうとしても、本音で付き合う関係になれないとか、金品を要求されたとか、そんな話がちょくちょく出てくるのです。

「ホステスに、ウン万円のブランド品を買ってあげたのに連絡がつかなくなった」とこぼす彼を見て、私は「愛人」としてアピールする価値を、「ホステスさんにはない純朴さ」に絞ることにいたしました。

「高級クラブなんて、きらびやかでちょっと怖い。私なんて田舎の出身で地味だし、ちょっと引け目を感じてしまいます。高価なブランド物には興味がないし、こんな高いレストランも嬉しいけれど、もっと安いお店にも連れて行って下さい。あ、プレゼントはいりません」

 というようなことをお伝えしますと、

「君は変わっているね、初めて見るタイプだ。どんどん知りたくなる」

 とおっしゃいまして、すぐに愛人関係が成立いたしました(会話を書き起こしてみると、なかなか滑稽ですね)。

 金品を要求するホステスとの付き合いに疲れた彼は、女性に「純朴さ」を求めていたと考えられます。これが彼の「潜在ニーズ」です。当然、彼はロマンチックな1対1の関係を求めますので、独占契約と相成りました。

 ちなみに、これと同じようなコミュニケーションを、「華やかで自信に満ちた美女と付き合いたい」男性に対して行っても、無駄打ちにしかなりません。私がアピールした「純朴さ」は、「田舎臭い」「卑屈だ」とみなされ、マイナス評価になるでしょう。

 こうして男性の「潜在ニーズ」を掘り起こし、満たす作業は、私の自作自演でマッチポンプ的だと感じる人もいると思います。ところが面白いことに、こちらがニーズを引き出した方が、男性の「顧客満足度」と「独占契約に至る確率」が高まるんですね。お客様=男性にとって、言葉にできなかった思いがスルスルと引き出され、「そうそう、自分はこれが欲しかったのだ!」と「発見」することは、けっこうな快楽をもたらすのではないでしょうか。

<文・東條才子>


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由