部下を“正しく叱る”には「し・か・り・ぐ・せ」を押さえるべし<産業医・武神健之>

 これまで1万人以上を面談した産業医の武神健之です。前回はメンタル不調者を続出させる上司の勘違いとして、組織のルールではなく、価値観の相違を理由として怒ることは、結局は部下のストレス原因になっているという話をしました。

叱る技術

photo by buri

 また、実際には怒っていいときはほとんどないことや、メンタル不調者を出さない上司は、怒るのではなく「叱る技術」を持っているとも述べました。

 今回は、メンタル不調者が出ない組織の上長が持っている「怒らないで叱る技術」についてお話しさせていただきます。

 では、実際にどのように怒ったり、叱ったりすればいいのでしょうか。

 産業医として10年間の経験から、私は怒るときに相手を“承認”すると、それは叱ることになると私は考えます。

「いま・ここ・私」を意識する

 実際に相手を叱るとき、私は以下の3つのことをまずは意識することを提案しています。それは「いま・ここ・私」ということです。

1.いま叱るべきか
2.この場所・この場面で叱るべきか
3.そして私が叱るべきか

 この3つを叱る前に考えてみましょう。そうするとあなたの「叱る」は、相手を承認したことになります。

 叱るべきときは、本当に「いま」なのでしょうか。自分も相手も興奮していては、効果的には叱れません。一呼吸置いてからでは本当に遅いのか改めて考えてみてください。

 また、叱るべきは、本当に「この場所」、「この場面」でしょうか。場所を変え、周りに人がいないほうがいいのではないでしょうか。その方がお互いに一呼吸も置けるのではないか。
 
 そして、叱るべきは、本当に「私」なのでしょうか。どうして、私こそが、叱るべきなのでしょうか。個人として適任だから? それとも、例えば上司という役職のため?

 もし部下の失敗であなたが不利益を被っていないのであれば、あなたが叱らなくてもいいのかもしれません。失敗によって会社が不利益を被り、会社の代表として(または代表の代わりに)あなたが叱るのであれば、そこにあなたの個人的感情が入る理由はありません。

 あなたは、部長などの役職として、部下を叱るべきであり、個人的感情から然るべきでないのは上述の通りです。役職で叱るのですから、そこには個人的感情は不要です。感情的になってしまうのは、己の修行の足りなさだと認識さえできれば、いいのです。

次ページ守ってほしい「し・か・り・ぐ・せ」


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル全面高の地合いに沿って、ドル円は強含みの展開に

 先週金曜日のドル円は、東京市場では週末の5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけて買いが強まり、市場では「海外勢から買いが観測された」との指摘があったうえ、100円超下落して始まった日経平均株価が持ち直したことも支えとなり、一時107.73円近辺まで上値を伸ばしました。もっとも、日経平均… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由