窓拭き職人がFXで億超えした理由とは?

動くタイミングを狙ってレバをかける

 では、利益確定の考え方はどうなのか。 「エントリーは厳選しますが、決済は利益を伸ばすことが課題です。10pips程度を利食った後にさらに伸びることも多いですが、それは仕方がない。確実に利益を取りにいきます」  利幅は数銭から10銭、20銭程度だが、1トレードで100万~200万通貨を投入するため、大きな利益を生むことができる。 「FXでは資金にレバレッジをかけてリスクを取る。横ばいや含み損の期間が長いと不安になるので、一瞬でいいからすぐ動いてくれるタイミングを狙い、全力で資金を注入したいところです。そのタイミングがダマシなんです。ダマシがないのに相場が動くのは強力なファンダメンタルズ要因があるときだけですから」
相場

相場を動かすのはダマシ。引いたサポートラインを下にブレイクしたのに反転するV字を描いたら売り手は苦しみ、損切りが出る。その溜まったパワーを見越して、ロングでエントリー!

 例えば、経済指標の発表時だ。左図のように、発表直後の激しい動きは静観し、その後に大衆がダマされやすいタイミングを狙う。 「初動には無理してついていかず。2波目以降を狙っていけばいい。底打ちや天井後の値動きはダマシの考え方でトレードできます」  指標で急落、さらに下がると思わせてからのV字で上昇。そんなときには上昇後の押し目を狙って買いエントリーしていく。こうしたやり方で今年前半も2000万円弱を稼ぎ出したのである。 「周囲には億トレーダーが増えてきて刺激を受けてます。偉そうにするためには、自分がもっと稼がないと。今年の利益目標は9ケタ(億)。そのためにはリスクをとって大きな利益を狙っていかないとあかんですね」  高層ビルで鍛えた命知らずなメンタルを発揮するのはこれからか。ダマシのトレード、ぜひ参考に。
経済指標

経済指標で急落、方向性が下に定まったら直後の第2波を狙って順張りでショート。次に、荒波が落ち着いたらダマシの考え方でラインを見て、反転を狙っていく

【d-sk氏】 専業トレーダー。高層ビルの窓拭き職人から専業トレーダーになり、累計利益は1億2000万円超。FXトレーダー集団「GT5」の一員としてブログなども執筆。http://obi-fx.com/blog/ 取材・文/高城 泰(ミドルマン)図版/ミューズグラフィック
1
2
3
ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right