窓拭き職人がFXで億超えした理由とは?

高層ビルの元窓拭き職人という異色の経歴を持つFXトレーダーが登場。チャート上に2本のラインを引くだけというシンプルトレードで、今年はすでに2000万円弱の利益を叩き出している。その億超えの極意に迫る!

FXのチャートに引くラインは2本で十分!?

「勝てるようになったのがFXを始めて4年目。利益が億超えしたんは’15年。8年目やったですかね」

 そう振り返るのはFX歴10年のベテラントレーダーのd-sk氏だ。専業転向からは3年で億超えを果たしたが、初心者時代は苦労も多かったという。

「高層ビルの窓拭きをやっとったんですが、真面目に働いても年収の限界が見えてきた。FXは少額で始められ、夜も取引できるからと兼業で始めたんですが、2日で30万円をなくしました」

 知識ゼロから独学で始めるも、鳴かず飛ばずで3年が過ぎる。

「30万円ずつ入金してはゼロになっての繰り返し。競馬やパチンコの延長でやっていただけでした。そんな時期、インターネットで知り合った仲間と研究を始めたんです。そこに上手な女性の方がいて『あんな、相場はヨコ軸やない。タテ軸で動いてんねんで』とコツを教えてもらいました。タテ軸=レートであり、サポートやレジスタンス。チャートの見方が変わったのは、それからですね」

⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=147572

d-sk氏

雌伏の3年を経て覚醒。30万円ほどの口座は幾度かの破綻を経験するも、シンプルなライントレードに徹するようになると8年目に億へ

 それまでは一目均衡表や移動平均線などを表示。“なんとなく”でチャートの動きを理解しようとしていたという。

次のページ 
無駄な指標は排除して2本のラインを引く

1
2
3
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7