車泥棒急増のメキシコ。被害上位4位までを日産車が占める理由とは?

白石和幸

TheDIgitalWay( CC0 Public Domain)

 最近のメキシコに関係して外国に伝わるニュースは蔓延る麻薬組織カルテルによる犯罪と米国のトランプ大統領が不平等な協定だとして見直しを迫っている北米自由貿易協定(NAFTA)のこと。そして米国とメキシコとの間の国境に不法移民の入国を防止する為の壁を建設するといったことで、良いニュースは伝わって来ない。

 またひとつ暗いニュースが報道されている。メキシコで犯罪組織による車の盗難が急増しているというのである。<昨年4月から今年3月までに盗まれた車は7万6334台>、この記録は<2011年から比較して年間で最大の盗難件数になっている>というのである。しかも、その前年期と比較すると<21%の増加だ>としている。(参照:「Sin Embargo」)

 そして、その盗難車のビッグファイブの上位4位までが日産車で占められているのである。

【1位】日産ツル:9223
【2位】日産ダットサン・ピックアップ:3102
【3位】日産ベルサ:3066
【4位】日産セントラ:2247
【5位】フォルクスワーゲン・ジェッタ:2122
※車種:盗難車数

(参照:「Sin Embargo」)

 1位のツルは、日本で言うところの「サニー」のことで、メキシコで25年間生産されている車である。メキシコでの生産台数においてに日産は常に1位をキープしている。日産は1966年にメキシコでの生産を開始している。現在、10車種が生産されているが、その内の5車種<NP300、ベルサ、ツル、マーチ、セントラ>がメキシコ市場で常に販売の上位の座を占めている。盗難車として日産の車種が多い理由にはこれらの車の生産台数が多く、しかも市場で人気があるという背景がある。

 ラテンアメリカにおいて、日産がメキシコを生産拠点にして生産を開始したのに対し、ライバルのトヨタはメキシコとは一番距離の離れているアルゼンチンを拠点にスタートしている関係からメキシコにおいてトヨタの車の存在感は薄い。

次のページ 
盗難がもっとも多い地域は?

1
2
3
4
5
関連記事
6
7