西鉄の顔「8000形」いよいよ引退!観光重視に舵を切る西鉄、人気の観光列車は今後どうなる?

若杉優貴

来年度には新たな観光列車も

 西鉄は、今後「旅人」「水都」を別の形式を用いて運行することを発表。このうち、「水都」に関しては、3000形を改造した新たな編成が7月22日にデビューする。車内には新たに柳川藩主立花家の伝来品の文化財レプリカの展示もおこなわれる予定で、22日の朝10時25分から西鉄福岡(天神)駅で新編成への引継ぎ式が開催される。 ⇒【写真】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=145215  また、西鉄では2018年度に旅人・水都に続く新たな観光列車の導入をおこなうことも発表している。  そのコンセプトは「LOCAL to TRAIN~街を繋いできたレールは人をつなぐ時代へ~」。これまでの西鉄電車とは全く異なったコンセプトの列車で「観光列車を通じた沿線地域の活性化・価値向上を目指す」としている。  これまでの観光列車「旅人」「水都」は先述したとおり一般列車と同じダイヤでの運行であり、西鉄がこうした「観光特化型」の編成を導入するのは初のこと。この新たな観光列車の車内では、沿線にちなんだ温かい料理を提供することも検討されているという。
次のページ 
観光重視に舵を切る西鉄、その背景には「人口減」
1
2
3
ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right