筆者も恐怖体験!「中国で日本のスパイが捕まった」説は本当か

中国国内で他国のスパイへの検挙が強化されているという。その実態とは

 先月報道された「CIAのスパイが中国国内で12人以上殺害されていた」というニュースは記憶に新しいが、以前にも中国は日本や他国のスパイを拘束したと何度か発表している。

 2015年には中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官が記者会見で、「中国の関係当局は法に基づき、スパイ活動に従事した容疑で日本人2人を逮捕した」、「日本側には状況をすでに通知している」などと発表したこともあった。

 このようなニュースに対してネット上では「日本人を無意味に逮捕するための方便、嫌がらせだ」「日中関係を牽制するためのブラフ」などといった意見が散見されるが、一般人には馴染みのない映画の世界のようなスパイ騒動の真偽を考えるべく、この記事では筆者の滞在している中国国内でのいくつかの経験を共有し、皆さんの考察の一助としていただければと思う。

 まず、中国に在住している筆者に、スパイという存在を強く意識させたのは中朝国境地帯を旅していたときの一件であった。

 国境地帯の中でも延辺朝鮮族自治州はその立地と性質の特殊さゆえに複雑な様相を呈している。延辺は中国国籍の朝鮮族の多く居住する地域で、一定の自治管理権が地方政府に付与されているが、朝鮮語が広範に使用されることもあって、韓国系の資本がここで多く市場展開している。

 しかしながらこの地域は朝鮮半島で二つの国家が成立して以来思想対立の代理戦争の場となっていたことがある。今は落ち着きもしたが、20~30年前には両国から裏のルートで拳銃や資金が提供され、現地のマフィアなども交えて銃撃戦が起こったりしていたそうだ(これは現地で知り合った朝鮮族のヤクザの方から聞いた武勇伝的なお話なので多少の誇張はあるかもしれない)。

 そういった話を思い起こしながら、私はアメリカ人の友人と共に鴨緑江国境付近の地域をローカルバス、汽車などを乗り継ぎ旅をしていた。名前は伏せるが延辺の首都・延吉を離れた田舎町を市内の舗装もまばらでかろうじて車の存在は確認できるといった発展具合だ。もちろん対岸は北朝鮮が見渡せる国境の街であるがこのくたびれた町にもタクシーはあり、100元(1600円程度)で郊外の見所を2時間ほどかけて回ってくれるというのでお願いした。

次ページ「日本人のスパイが捕まって拷問された」


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円はこう着状態継続か

東京市場 前日のNY市場でパウエルFRB議長が「緩やかな利上げを継続する根拠が強い」と述べたことを受けて、日経平均が上昇したことを切っ掛けにドル円は一時110.76円近辺まで強含みました。 ロンドン市場 欧州勢参入後には円売りが一巡したことでドル円は110.11円近辺まで反落しました。また… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由