わずか1年半で月商3000万円!ブラック企業リーマンが「BUYMA」転売で一攫千金を摑んだわけ

 2017年5月10日、厚生労働省・労働基準局監督課は、「労働基準関係法令違反に係る公表事案」を発表した。いわゆる「ブラック企業リスト」だ。しかし、リストに掲載された企業群が氷山の一角であることは誰の目にも明らかだ。ブラック労働に苦しむサラリーマンはまだまだ多く存在する。

photo by okinawa

「自分もかつて1日20時間働くサラリーマンだったんですが、ある日突然、歩けなくなりまして。医者に診断してもらったら『背骨が疲労骨折している』と言われました」

 自身の体験を振り返るのは、ITベンチャー企業で働いていた渡邉輝明さん(31歳)。ハードワークがたたり身体を壊した結果、退職を余儀なくされ実家で療養に専念することに。

「しばらくは傷病手当の16万円が出るものの、それ以降は収入のあてがなく、貯金もほとんどない状態で。ヤバイ、このままじゃ人生終わると、相当焦ってました」

 ベッドの上でネット検索を駆使して、渡邉さんがたどり着いたのが、「インターネット物販」。つまり海外ブランド品の転売だった。

ベッドの上から世界と取引する

 渡邉さんが目をつけたのは「BUYMA」という販売サイト、そこで海外ブランドを取り扱うバイヤーとして実績を積むことにした。とはいえ、手持ちの現金はほとんどなく、限度額100万円のクレカが1枚あるだけの状況。「クレジットカードのショッピング枠で商品を仕入れて販売するので、資金繰りは常に綱渡りでした」と、自転車操業ならぬ自転車“創業”のスタートとなった。

 もともと海外ブランド品について詳しいわけでもない渡邉さんは、ネットで見つけたBUYMAのバイヤーをメンターと見込んで連絡を取り、ブランド買い付けイロハを学んだ。

「教えに従って、まずはアメリカ在住のビジネスパートナーを探しました。現地のアウトレットで仕入れをしてもらうためです。この仕入れ方法は当時のBUYMAトッププレイヤーと全く同じやり方で、素人が現地パートナーを見つけて、海外仕入れルートを確立できたのは幸運でした」

 渡邉さんが転売を開始した当時は、消費税増税直前ということもあり、ブランド品の駆け込み需要が旺盛だった。渡邉さんが仕入れたアメリカブランドは飛ぶように売れ、開始2か月半で月の利益は130万円を越えた。骨折も完治し、体調も快復。順風満帆かと思った転売業だが、そこに暗雲が……。

次ページ順調だった売上がいきなり4割減


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル全面高の地合いに沿って、ドル円は強含みの展開に

 先週金曜日のドル円は、東京市場では週末の5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけて買いが強まり、市場では「海外勢から買いが観測された」との指摘があったうえ、100円超下落して始まった日経平均株価が持ち直したことも支えとなり、一時107.73円近辺まで上値を伸ばしました。もっとも、日経平均… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由