ドルトムントのチームバスを狙った容疑者の誤算 選手にダメージがあれば儲かっていたが……

岡本泰輔
 ドイツのドルトムントで4月11日にチームバスを狙った爆破事件が発生しました。10日後に逮捕された容疑者は、ドイツとロシアの二重国籍を持つセルゲイ・V(28歳)でした。ドイツ当局の発表では、セルゲイ・V容疑者は、ドルトムント株暴落を狙っていたとしています。

 具体的には、ドルトムント株式に関わるプットオプションを購入していたという話です。プットオプションというのは、ある特定の値段で「売ることができる権利」です。

 例えば、1万円の商品があり、これを1万円で「売る権利」を得たとします。

 その後、何らかの理由でこの商品の値段が8千円になったとします。商品の値段が8千円になったとしても、1万円で「売る権利」を持っていれば、実際の値段が8千円であったとしても、1万円で売ることができるわけです。よって、差額で儲けることができるという仕組みです。

容疑者の目論見通りにはいかず

 容疑者は具体的にどのようなプットオプションを購入していたのでしょうか。

 ドイツの現地報道では、容疑者は15000株のプットオプションを購入したとされています。この値段が78000ユーロとされていますから、1株あたり5.2ユーロの計算になります。

 容疑者は「売る権利」を買ったわけです。つまり、5.2ユーロから株が下がれば下がるほど容疑者は儲かる「はず」でした。

 単純な足し算の計算では、5.2ユーロから0.1ユーロの下げで、1500ユーロ儲かる計算となります(注:現実世界ではプレミアムの考慮などが必要なので、儲けはもっと低くなります。)

 さて、容疑者はプットオプションを購入し、爆破事件を起こしました。ここでの株価の動きはどうだったでしょうか。

次のページ 
主力選手複数名が長期離脱すれば、容疑者は儲かっていた

1
2
3
4
5
関連記事
6
7