環境・資源・社会の危機を救う、新たな“脱成長”の経済学「自然資本経営」とは!?

インドネシアの金鉱山の採掘現場。世界中で果てしない資源の採掘が続いている

 いま「自然資本経営」という新たな経済学が、環境破壊や資源枯渇、格差拡大などの諸問題を解決する一つの方法として注目されている。その分野で日本の第一人者と言われる、資源・環境ジャーナリストの谷口正次氏に話を聞いた。

自然を“資本”とみなし、バランスシートに組み入れる

――谷口さんが提唱されている「自然資本経営」とはどういうものですか?

谷口正次氏

谷口:西洋化された近代産業社会では、自然は支配・利用すべき単なる“もの”として扱われ、自然から与えられた恵みは人間の“所得”とみなされます。本来、人類の生存基盤である自然という“資本”の消耗が進んで限界(破産)が近づいているということは、人類にとって重大な問題のはずです。この資本が欠如して経済成長など望めるはずがありません。そうだとすれば、“自然という資本”を浪費して消耗することなく、賢く経営していかなければならないはずです。

 その賢い経営の方法とは、企業経営(Business Management)という狭義の経営ではなく、自然を資本とみなし、バランスシートに組み入れた経済を築くこと(Building a Natural Capital Economy)なのです。そのためには新しい経済学、すなわち「自然資本経済学」が必要だと考えています。

 自然を“資本”とみなすことに対して違和感、抵抗感を持つ人は多いかもしれません。しかし、もうそうは言ってはいられないほど世界では資源や環境そして社会の危機が進行しています。

――いつ頃からこういった考え方が出てきたのですか。

谷口:最初に「自然資本」という言葉を使ったのは、エルンスト・フリードリッヒ・シューマッハーが1973年に書いた『スモール・イズ・ビューティフル』の中だと言われています。最近になって、この「自然資本」という言葉が持続可能な発展の論議の中でよく聞かれるようになってきました。

次ページ経済学が捨て去った「人間性」


経済学が世界を殺す

このまま信じていたら人類は滅亡する!

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由