観光客増も地上職が足りず日本の空がピンチ! 深刻化する空港業界の人手不足

航空連合4月11日にがオープンした特設サイト「空港の裏方お仕事図鑑2017」。キャッチコピー"空港を支える、誇り高き裏方たち"はグランドスタッフなど空港で働く従業員のこと

 いつの時代も、パイロットや客室乗務員は、子供たちの憧れの仕事だ。学研HDが4月6日に発表した男子中学生の「なりたい職業ランキング」でも、パイロットは「医者」「大工・職人」に次ぐ、10位にランクインした。しかし、そんな子どもたちのあこがれの職業を支える裏方に今、危機が訪れている。

2400万人超の訪日外国人

 2020年の東京オリンピック開催を控え、日本を訪れる外国人観光客の数は2011年以降、右肩あがりで上昇している。

 日本政府観光局の資料では、2011年に622万人だった外国人観光客数は2013年に1000万人を突破。過去3年間の数値を見ても、2014年1342万人、2015年1974万人を記録。2016年には2404万人と、過去最高を更新している。さらに、訪日外国人は2020年には4000万人、2030年には6000万人、訪日外国人観光客による消費額は15兆円にまで到達するというデータもある(出典:「明日の日本をさせる観光ビジョン構想会議」)。

次のページ 
「採用が計画通りに進まない」「離職率が増加している」

1
2
3
4
5
関連記事
6
7