「世界一貧しい大統領」ホセ・ムヒカ元大統領の置き土産!? ウルグアイで7月から薬局で大麻販売開始

白石和幸

麻薬組織が薬局を脅す

 人口340万人のウルグアイには<1200店の薬局が存在している>という。その中で、大麻の販売に関心を表明した薬局は当初<50店だけだった>という。関心を示した薬局が少ない理由として次の三つを挙げている。<大麻を販売している薬局だとして世間で余り良い印象を与えない>。ウルグアイ薬局センターのホルヘ・スアレス会長が述べているように、<「薬局は治療する為であって、病気になる為ではない」>という考えに基づいているという考え方。更に、ウルグアイ薬局組合のゴンサロ・ミランダ会長のように<麻薬組織から脅迫された>という指摘からである。(参照:「Unir Revista」)  こうした麻薬組織からの脅迫は、2015年3月に大統領に就任した医師出身のタバレ・バスケスが薬局での大麻の販売に余り乗り気ではない背景にも存在している。彼が大麻販売に乗り気でない理由として本人が挙げているのは<「ある薬局で大麻の販売が好調だった場合に、その薬局の地域を管轄している麻薬組織は自分たちのビジネスを奪ったとして、その薬局の主に、『今後も販売を続けるのであれば、店に火をけるか、事故が起きるようにしてやる』と脅すようになる可能性があるからだ」>と国営テレビのインタビューに答えているのだ。(参照:「Canamo」)  ちなみに、バスケス大統領のこうした姿勢は、いまいち国民から支持されていないという結果に繋がっている。仮に前政権が決めた法案だとしても、それを貫徹させるべく、麻薬組織の脅威から薬局の安全を断固守るという決意に欠けるといった点が、国家指導者として優柔不断であると見られているのである。  そして、彼は市民の立場に立っての政治が出来ないというふうにも見られている。  この2点がムヒカ前大統領と比較した時に両者の政権に取り組む姿勢の違いである。ムヒカは15年間刑務所で人生を送っているという経験から、南アのマンデラと同じように、無欲で度胸が据わっているのであろう。そして、物事の本質を見抜くことに卓越していることが彼をして国家指導者として世界から認められる政治家となったのであろう。
次のページ 
「隠すことはもっと有害だ」
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right