「世界一貧しい大統領」ホセ・ムヒカ元大統領の置き土産!? ウルグアイで7月から薬局で大麻販売開始

白石和幸

photo by thierry ehrmann via flickr(CC BY 2.0)

「世界で一番貧しい大統領」として親しまれたスペイン・バスク人を先祖に持つウルグアイのホセ・ムヒカが大統領として執務中の2013年7月に下院そして12月に、上院で大麻の栽培と販売を合法化する法案が賛成多数で可決した。

 そして、いよいよ今年7月からまず16か所の薬局で大麻が販売されることになるのである。

 ムヒカが大麻の販売を容認する考えを持ったのは、彼がゲリラ活動に参加して逮捕され、途中2回の脱走を含め15年間刑務所生活を送っていた時であった。そこでは、3分の1の囚人は麻薬に関係した罪で収監されていたのを観察したのであった。麻薬組織のメンバーが麻薬密売人として社会に暴力をまき散らし麻薬を販売して治安の安全が脅かされるのを危惧していた。そこで、ムヒカが実験的な試みとして決めたのが、麻薬の栽培及び販売を合法化することにであった。

 その為の法案には3つの手段を設けた。一つは、一人当たり年間で最大480グラムに相当するだけの大麻の栽培を許可すること。二つ目には、クラブ組織としてだと99本の大麻草の栽培が許される。そして、三つ目としてこれまで実施が遅れていたのが薬局での大麻の販売である。

次のページ 
麻薬組織が薬局を脅す

1
2
3
4
5
関連記事
6
7