スコットランド独立論争が再燃。なぜこのタイミングで?

 3月31日、スコットランド自治政府のスタージョン首相が、スコットランド独立を問う住民投票の実施を要求する書簡を英政府に送りました。

 これに対しメイ首相は、今はその時期ではない、として、これを認めない姿勢を示しています。

 英国で、やっかいな話題が再燃しています。

スコットランド独立住民投票のタイミング

 メイ首相は今はその時期ではない、と柔らかくいっていますが、本音は、お願いだから今このタイミングでその話は勘弁してくれないか、といったところでしょう。

 29日、英国はEUに離脱交渉開始を正式に通知しています。

 交渉期間は2年。ただ、議会での承認プロセスなどを考えると、実質2年も猶予はないと考えるのが普通でしょう。

 この間に英国がしなければならないのは、EUといかに交渉し、貿易面などで好条件を引き出すのかだけではありません。他国と新たな経済、外交関係を構築したり、移動の自由の問題とどう向き合うかを検証したり、対処しなければならない問題は山積みとなっています。EUとの交渉が厳しいものになると考えると、なおさらのことです。

 この期間の英政府、英議会は、とにかく忙しいわけです。そんな忙しい時に、スコットランドという身内で独立気運が高まっているのです。

 身内と書きましたが、スコットランドは300年超もの間、一緒にいる身内。独立となれば、300年超の枠組みが崩れるわけです。どうぞ、好きな時に独立してください、というわけには当然いかないでしょう。

次のページ 
ハード・ブレグジットに納得できないスコットランド

1
2
3
4
5
関連記事
6
7