CNNの「ビール通が選ぶアジアのベストバー10選」に輝いたタイのビアパブに行ってみた

高田胤臣

バンコクで今一番楽しみたいのはビールだ。(Photo by BREW Beers&Ciders)

 バンコクのクラフトビールパブの人気が止まらない。

 タイはアルコール飲料の規制が厳しく、メディアではビールそのものさえ映せない。また、販売に関しても小売りは昼の11時から14時、夕方17時から深夜0時まで。ビールの販促には不利な環境しかないにも関わらず、である。

 キリンがまとめたビール消費量の調査によれば、2015年度でタイは4.8%増。188.1万キロリットルで世界20位と前年22位からランクアップしている。東南アジアでは383.2万キロリットルで9位にランクインしているベトナムが7.7%増でトップではあるものの、酒税がタイは高いこともありビールが好まれなかった背景もある中、この数年の伸びはかなり大きなものだ。(参照:「キリンビール大学」レポート 2015年 世界主要国のビール消費量

 その火付け役となったのが「HOBS」というパブ・レストランである。実業家クリス・フー氏が立ち上げたパブで、タイで最もビールの取り扱い点数が多いのではないかと言われるほど。この成功により、氏は「BREW Beers&Ciders」をオープン。今ではHOBSより大勢のタイ人、外国人客が訪れている。

 クリス氏がそもそもHOBSを始めたのはある大きな失敗からだったという。

次のページ 
ビール文化を広めるために開店

1
2
3
4
5
関連記事
6
7