ニューヨークの国際女性デー、反トランプの機運でかつてない大規模に

橋本愛喜

手錠と口にテープでトランプ大統領への抵抗を示す女性

 毎年3月8日は、国連によって制定された「国際女性デー(International Women’s Day)」として、世界各国で女性をテーマにしたイベントが行われている。

 国連本部があること、女性の社会進出意欲が高いこともあり、ニューヨークでは毎年8日になると、その年のスローガンを掲げてデモ行進が行われるが、今年は特に、1月20日に就任したトランプ新米国大統領による女性蔑視の発言が、より多くの女性に自らの性別を考えるきっかけとなり、例年にないほどの大規模なものとなった。

「この日は家事も仕事もボイコットしよう」「女性の存在を尊重しよう」と、様々な人種がニューヨークのワシントンスクウェアパークに集結した。

 デモ行進を企画した団体「International Women’s Strike NYC」の呼びかけに集まった参加者は、約20,000人。参加者の多くはやはり女性が目立ったが、3割ほどは男性だった。

 ネパールからの移民でアメリカでは同イベント初参加だというナルバダさんは、

「私の国では3月8日は女性のみの祝日になっていて、女性は買い物や家事をしない日になっています。ネパールでは男女格差が深刻で、家庭内暴力なども蔓延していますが、このようなイベントを通して国がよくなることを期待しています」

道を埋め尽くすニューヨークの国際女性デーデモ参加者

 トランプ大統領について聞くと「彼は差別主義者。女性としても移民としても、彼を好きだという移民は周りにいません」と、表情を暗くした。

次のページ 
集会に現れたトランプ支持者が追い出される

1
2
3
4
5
関連記事
6
7