寝不足だとデブになる確率が8倍に。寝ていない体は高脂肪食を求める

どうしても徹夜したいならヨーグルトなどを

 この結果について、研究者は言います。  『肥満の最大の原因は、摂取カロリーと消費カロリーのアンバランスだ。今回の研究は、このアンバランスが、睡眠不足によって引き起こされることを示している』  寝不足による肥満の問題を防ぐには、もちろん究極的には睡眠を改善するしかありません。日々のスケジュールを見直し、ぜひ「睡眠時間の確保」を最優先にしてみてください。  それでも「どうしても徹夜しなければ!」という場合は、せめて三大栄養素のバランスに気を配ってみましょう。意識的に高脂肪な食品を減らし、サラダチキンや無脂肪ヨーグルトのような高タンパク食を増やすのです。  もちろん、これだけで睡眠不足のダメージは相殺できませんが、何も考えずに食事を選ぶよりは確実に摂取カロリーは減るはず。お試しあれ。 1.Hasler G, et al. “The association between short sleep duration and obesity in young adults: a 13-year prospective study.”(2004) 2.J Guo, et al. “Striatal dopamine D2-like receptor correlation patterns with human obesity and opportunistic eating behavior”(2014) 3.H K Al Khatib, et al. “The effects of partial sleep deprivation on energy balance: a systematic review and meta-analysis”(2016) <文/Yu Suzuki 写真/ぱくたそ>  月間100万PVのアンチエイジングブログ「パレオな男」管理人。「120歳まで生きること」を目標に、日々健康維持に励んでいる。アンチエイジング、トレーニング、メンタルなど多岐にわたり高度な知見を発信している。NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。11月11日、初の著書『一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書』(扶桑社)が発売。
1
2
3
4
一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

13キロのダイエットに成功した作者が語る

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right