3年間試験的にカジノ解禁のベトナム。どう影響するか

安達夕

ベトナムでのカジノ解禁はどう転ぶか(写真はCity pass guide.comより)

 ベトナムで自国民のカジノ入場が合法化された。
 ベトナム政府は1月23日、自国民のカジノ入場を条件付きで許可する政令を公表、3月25日から施行される。

 ベトナムのカジノは、外国人のみの入場が許可されていた。しかし、国内で初めて許可されたドーソンカジノでは2008年~2012年に累計1690億VND(約8億4500万円)の赤字を計上、クアンニン省ハロン市で唯一の外国人向けカジノを経営するホアンザー国際株式会社も2016年の業績を発表し、約360億VND(約1億8000万円)の赤字を計上した。

 ベトナムのカジノの不況は、入場客が外国人に限定されていることに加え、広くない国土に8か所も設置(免許は10か所に交付)されているという「過剰供給」が原因とされていた。

次のページ 
自国民入場許可に期待するベトナムのカジノ
1
2
3
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7