なぜカナダ首相はトランプ大統領が拒んだ外国人を受け入れるのか?

多様性こそ強い社会の源だと考えるカナダ人

 このように、バンクーバーは多様性を重要視する街だ。たとえば、性的マイノリティの祭典である世界最大級のレインボー・パレードを毎年開催していることにも、それがよく表れている。  そもそも、性的マイノリティの存在感は以前から圧倒的だった。筆者が四半世紀前にカナダ屈指の名門・ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)に留学してまず驚いたのは、大学のサークルの中で最も存在感が強い学内団体のひとつがLGBTサークルだったことだ。日本ではまだ性的マイノリティに関してオープンに議論することすら難しかった時代の話である。  今では、レインボー・パレードはもはやバンクーバーの「プライド」となっており、毎年多くの予算と人員が投入されている。もちろんバンクーバー人はそれに誇りを感じている。  出自や人種、民族、宗教などは、すべての人に備わる「属性」である。同様に、性も人の属性であり、「モザイク」のひとつのピースと考えられる。その色の種類が多ければ多いほど、そして複雑であればあるほど、全体としてのモザイク画は一層美しくなる。自分の性的属性に関わらず、他の性的属性が多様であれば、自分が属する社会はより強くなると考えているのだ。  トルドゥー首相がさも当たり前であるかのように「多様性が私たちの強み」とツイートしたのは、そういう背景があるのだ。 <文・写真/足立力也(コスタリカ研究者。著書に『丸腰国家~軍隊を放棄したコスタリカの平和戦略~』など。コスタリカツアー(年1~2回)では企画から通訳、ガイドも務める)>
コスタリカ研究者、平和学・紛争解決学研究者。著書に『丸腰国家~軍隊を放棄したコスタリカの平和戦略~』(扶桑社新書)など。コスタリカツアー(年1~2回)では企画から通訳、ガイドも務める。
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right