なぜカナダ首相はトランプ大統領が拒んだ外国人を受け入れるのか?

「世界で最も住みやすい街」コスモポリス・バンクーバー

バンクーバーの目抜き通り

バンクーバーの目抜き通り、グランビル・ストリート。様々な人種や民族の人びとが行き交う

 西海岸最大の都市であるバンクーバーを歩いてみると、その特徴がよく分かる。目抜き通りのグランビル・ストリートでは、多種多様な肌、髪、目の色が違う人たちとすれ違う。そこから少し足を延ばすと、北米有数の規模を誇るチャイナタウンをはじめ、インド系のインディアンタウンや、イタリア系のイタリアンタウンなど、様々なコミュニティがある。  彼らは、互いが「良き隣人」であるために、出自や言語、宗教、文化などによって独自のコミュニティを形成しつつ、ダウンタウンでは皆が混在して社会生活を営んでいる。同じ出自の人たちとのつながりを大切にするが、週末にはピザを食べにイタリアンタウンに行ったり、調味料を仕入れにインディアンタウンに行ったりもする。  そういうスタイルをとることで、自分のアイデンティティは失わず、他人のアイデンティティも尊重できる。無理に同化することもなく共生できる。そこに見られるコスモポリタンな街こそ、彼らが求める平和な社会の姿なのだ。バンクーバーが「世界で最も住みやすい街」と言われるのは、このことと決して無縁ではない。  ちなみに、かつてそこにはジャパニーズタウンも存在したのだが、第二次大戦の煽りを受けて完全になくなってしまった。それは現在でもバンクーバーの「黒歴史」のひとつとして語り継がれている。
次のページ 
多様性こそ強い社会の源
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right