「全然儲かっていない」ベストセラー翻訳者・タカ大丸の超私的マラソン日記――鈴木宗男メソッドでサブスリーを目指す

ほとんどの偉人伝は参考にならない

 これは私の持論だが、参考文献を選ぶときに「身の丈」にあったものを探すことは重要である。  たとえば「鷲の翼に乗って」という本がある。かつてドナルド・トランプの前に大統領選に出馬した米国の大富豪、ロス・ペローの実話である。  部下がイラン革命に巻き込まれて人質となり、身代金を要求されたとき、彼はどうしたか。あろうことか、自社の役員を使って救出部隊を作り、自力で奪還したのだ!  この顛末を英国の人気作家ケン・フォレットが書いたわけだが、確かに読み物としては最高の面白さであり、究極のリーダーシップの教科書である。  しかし、実際の経営では一切役に立たない。当たり前である。一度でも会社勤めをすれば誰でもわかるはずだが、部下は上司のためには死なないのである。社長が「すまん、オレのために死んでくれ」と頼み、「はい、死にます」という男が15人いるというのはどう考えても一般企業にはない話だろう。  同じ意味で、かつて金本知憲・現阪神タイガース監督の「覚悟のすすめ」がベストセラーになったことがあるが、あれが本当にサラリーマンに役立ったのか私はいまだに疑問である。  普通の勤め人は骨折しながら150㎞の球が飛び交う打席に立つ必要はないのだ。だから今の私には五輪代表レベルの選手やコーチの話はたぶん役に立たない。まずサブフォーを達成するまでは宗男先生の教えに従うと私は決めた。
次のページ 
全然儲からない翻訳者稼業。でも時間だけはあった
1
2
3
4
5
ジョコビッチの生まれ変わる食事

テニス界絶対王者が語る「人生好転・肉体改造のための設計図」

モウリーニョのリーダー論

世界トップの優勝請負人!

ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right