「インドでは2か月で2万円しか使わなかった」元J1所属カレン・ロバートの堅実すぎる金銭感覚

タカ大丸

Jリーガー時代より高額のギャランティを受けながら、金銭感覚が一般人並のカレン・ロバート

 筆者と初めて会ったとき、カレン・ロバートは自転車で待ち合わせの場に現れた。

 昨年七月に面談の約束を取り付けた際、彼が指定した場所は船橋駅近くの某ファミレスだった。取材後はそのまま母校・イチフナ(市立船橋)の練習に参加するという。

 カレン・ロバートは日本代表とも目された実力者で、現在はインドスーパーリーグのノースウェストユナイテッドFCに所属している。

 知っての通り、J1を経験するとサラリーマンには到底稼げない額のお金をもらえる。ましてやカレンはタイ、韓国、インドで「日本ではもらえないほどの高額のお金」を受け取っている。にもかかわらず、移動は自転車である。

 筆者は今まで約20人のサッカー選手と会っているが、そんな選手はほかにいなかった。

次のページ 
30歳前後で引退を余儀なくされたJリーガーに3つの進路を提案

1
2
3
4
5
4
5
関連記事
6
7