トヨタ主催のベトナムVリーグ2017開幕! 元Jリーガーたちの活躍に注目

知られざるVリーグの魅力とは

 Vリーグ1は現在、14チームで争われているが、昨シーズン最終節の時点で4チームに優勝の可能性が残ったことからも分かるよう、全体的にクラブ間の力が拮抗しており、最後まで優勝の行方が読めないスリリングなリーグとなっている。  今回はそんな知られざるVリーグの魅力について紹介しよう。  近隣のライバルであるタイリーグと比べると、過去から現在に至るまで日本人選手が非常に少なかったせいか、日本におけるVリーグの知名度は著しく低い。  日本人選手が契約しにくい理由はいくつかあるのだが、主な理由としては、外国人枠が2015年から2人に縮小されて競争が非常に激しくなっていること。  そして、高身長のアフリカ系や欧米系の選手が好まれるため、アジアからの助っ人の需要が極めて少ないことなどが挙げられる。また、必要とされるポジションも限定的で、求められるのは身長185cm以上のセンターフォワードあるいはセンターバックのいずれかである。
次のページ 
元横浜FCの井手口ら日本人選手も
1
2
3
4
5
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right