ジョージ・ソロス損失1140億円損失の背景と、ヘッジファンドが今狙っていること

1140億円という巨額な損失を抱えたと報じられたジョージ・ソロス氏(Photo by boellstiftung)

 1月20日、トランプ政権が誕生した。2016年11月の米大統領選以降、世界的な株高、円安・ドル高が進み、政権始動後のマーケットに注目が集まっているなか、25日にはNYダウが史上初となる2万ドルを突破。

 政権発足でトランプ米大統領が掲げる経済政策への期待感がさらに高まり、株価が上昇している。しかし、明暗が分かれたのが、ヘッジファンド業界だという。

 先日も、世界最大のヘッジファンド「クォンタム・ファンド」の創業者ジョージ・ソロスが、トランプ相場で1140億円もの損失を出したと報じられた。投機的な売買や高度な投資手法を駆使し、常に高い収益をあげるイメージのあるヘッジファンドだが、世界一の投資家、ジョージ・ソロスですら巨額な損失を出したという。いったい何が起きたのか? ヘッジファンド事情に詳しいフィスコ・マーケットアナリストの田代昌之氏はこう話す。

「ソロス氏は、米大統領選挙でクリントン氏を支持していましたが、予想外のトランプ氏の勝利となり、『今後は株安になる』との投資戦略を立てた。その結果、損失額は10億ドル、約1140億円近くに及んだようです。ほかにも、著名なファンドマネジャーであるジョン・ポールソン氏のポールソンアドバンテージは16%減。一方で、ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントは11月が好調で、年間パフォーマンスがプラスになりました。また、プロキシマ・キャピタルは11月だけで14%のリターンをあげ、年間44%と好パフォーマンスとなりました」(田代氏)

 同じ投資スタイルのヘッジファンドでもリターンは大きく異なり、明暗が分かれたようだ。

次のページ 
「買い目線」のヘッジファンドが今も多数

1
2
3
4
5
関連記事
6
7