スペースXの「ファルコン9」ロケット復活! 昨年9月の爆発事故以来、初の打ち上げに成功

鳥嶋真也

昨年9月の事故以来、4か月ぶりの打ち上げに成功した「ファルコン9」 Image Credit: SpaceX

 イーロン・マスク氏率いる米国の宇宙企業スペースXは1月14日(現地時間)、通信衛星10機を搭載した「ファルコン9」ロケットの打ち上げに成功した。ファルコン9の打ち上げは、昨年(2016年)9月の試験中に起きた爆発事故以来初めてで、さらにロケット機体の回収にも成功。約4か月ぶりとなる打ち上げの再開を、完璧な成功で飾った。

第1段機体は太平洋上に待機していた船の上に舞い降りた Image Credit: SpaceX

 2017年、同社は事故の影響で溜まっているファルコン9による人工衛星の打ち上げ受注を消化するだけでなく、ロケットの再使用打ち上げや、新型ロケット、有人宇宙船の打ち上げにも挑もうとしている。はたして同社は、失敗の余波を振り切り、未来へと歩みを進めることができるのだろうか。

次のページ 
2016年9月1日の悲劇

1
2
3
4
イーロン・マスク

世界で最も注目される起業家の成功哲学を明らかにするビジュアルムック

4
5
関連記事
6
7