「アジアの洗礼」もモノともせず、湘南ベルマーレがベトナムBTVカップで日本勢初の優勝

ベトナムBTVカップを制した湘南ベルマーレイレブン(写真:(c)SHONAN BELLMARE)

 いま、アジアサッカーが熱い。東南アジアや中国、インドなどの新興国でサッカーが爆発的な人気を博してきており、その経済規模も日本サッカーを凌駕するものが出てきている。サッカーのレベルも徐々に日本や韓国などの強豪国に近づいてきており、色んな意味で無視できない存在となってきている。
 ASEAN諸国のなかでもベトナムは経済成長著しく、9000万人を超える人口を持ち、南北に1560キロに渡る広範な国土を持つ。

 サッカーにおいてもASEAN内ではフィリピンやタイと並び上位につけている。先日まで代表チームの監督を日本人が務めていたり、現在もベトナム人有名選手がJリーグクラブに移籍していたりと日本との交流も加速してきている。Jリーグはアジア戦略の一環としてVリーグ(ベトナムリーグ)と提携協定を結んでおり、ガンバ大阪や川崎フロンターレ、水戸ホーリーホック、横浜FCなど複数のJクラブがベトナムとの活動にも力を入れている。

 2016年12月2日、ベトナム・ビンズオン省においてBTV-NumberOneカップが開幕した。

 この大会はベトナムのビンズオンテレビ(BTV)が毎年開催しているプレシーズンマッチで、ベトナムの飲料水メーカーNumberOneがスポンサーになっている。ベトナム国内の一部リーグチーム、そして海外からの招待チームを交えて、8チームにより予選リーグ、決勝トーナメントを戦うものだ。ここ数年日本のチームも招待されていて、2012年はアビスパ福岡、2015年は大学選抜チームが出場しているが、今年は湘南ベルマーレが招待された。

 今年で17回目となるBTVカップは、「地元ベカメックビンズオンのために始まった」といった言われ方もある。

 だが年明けに始まる新シーズン(2017年ベトナム国内リーグ、Vリーグは何と1月8日に開幕という早さ!)に向けて新加入選手のフィット具合の確認、契約当落線上の選手の生き残り、また招待チームから新たな外国人選手を物色、といった色々な意味合いもあり、ベトナム国内リーグチームも重視する毎年恒例のプレシーズンマッチである。

次のページ 
大雨、カストロ議長死去などで試合前から大荒れ
1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7