ブータンで4G競争が激化。しかしネット普及はブータンにとって諸刃の剣の側面も

田村和輝

近代化が進むティンプーにも伝統文化は残されており、自然の多さも見て取れる

 日本では世界一幸せな国としてクローズアップされることが多いブータン王国(ブータン)。インターネットの解禁が遅く、普及のペースも遅かったが、今や携帯電話事業者各社は高速通信を実現する第4世代移動通信システム(4G)を導入している。インターネットの普及率は上昇傾向にあり、4Gの競争が活発化しているが、インターネットの普及はブータンという国家にとっては負の側面も小さくない。

ネット普及率はようやく5割に

 ブータンではインターネットの解禁が1999年と遅かった。インターネットの解禁を長らく見合わせた背景には、ブータン政府が伝統文化の保護と推進を重視する中で、インターネットの普及による異文化の流入を防ぐ目的があった。

 ブータン政府機関や国際機関が公表するデータをもとに算出すると、ブータンにおけるインターネットの普及率は2009年に1%を、翌2010年に10%を超えた程度で、解禁後も普及のペースは遅かった。それでも2015年にはようやく50%を超えた。

 ブータンではスマートフォンを含めた携帯電話が普及しており、インターネットは携帯電話からの利用が多い。ブータン政府機関は携帯電話サービスの普及率を公開しており、2015年末には87%に達した。携帯電話サービスの普及率は2010年に50%を超えたが、その当時は決してインターネットの普及率は高くなかった。しかし、インドから輸入される低廉なスマートフォンの流通量が増えたことで、ブータンにおけるスマートフォンの利用者が増加し、インターネットの普及率は上昇した。

次のページ 
4Gで現状打破を狙う民間事業者

1
2
3
4
4
5
関連記事
6
7