中国スマホ市場でトップに躍り出たOPPO、その戦略と勝因

田村 和輝

広東欧珀移動通信の本社ロビー

 香港特別行政区の調査会社であるCounterpoint Technology Market Researchは、中国における2016年第3四半期のスマートフォン(スマホ)出荷台数に関する調査結果を発表し、メーカー・ブランド別でOPPOブランドを展開する広東欧珀移動通信がトップに躍り出たことが判明した。広東欧珀移動通信は中国の広東省東莞市に本社を置く携帯電話メーカーで、大躍進の背景に迫る。

OPPO R9が大ヒット

大ヒットしたOPPO R9

 広東欧珀移動通信の1位獲得に大きく貢献したのは、2016年3月に発表されたOPPO R9の販売が絶好調なことだ。OPPO R9には及ばないが、OPPO R9の大型版となるOPPO R9 Plusも好調だ。発売時の価格はOPPO R9が2,799人民元(約4万4000円)、OPPO R9 Plusが3,299人民元(約5万3000円)、中国では中高価格帯に分類されるが、経済レベルが高い都市を中心に販売を伸ばした。

 OPPO R9などRシリーズの陰に隠れがちだが、OPPO A37やOPPO A59のようなAシリーズも順調だ。Aシリーズは中低価格帯で、経済レベルが高くない都市でもよく売れた。中低価格帯とはいえこれらは1,000~2,000人民元(約1万5000円~3万円)であり、500人民元(約7500円)以下のスマホも続々と登場する中で決して安いわけではない。

 OPPOブランドは、安くなくても選ばれる理由を戦略的に作り上げてきたのだ。

次のページ 
OPPOブランドヒットの戦略とは?

1
2
3
4
5
4
5
関連記事
6
7