焼酎「いいちこ」と地下鉄路線図の意外な関係

流れると不思議な空気で茶の間を包むCMの背景とは

 こうして、『いいちこ』発売前は売上3億、従業員8名だった三和酒類は売上600億、利益100億、従業員300名の一大メーカーへと躍進したのですが、そんな『いいちこ』を語る上で、開発や営業と並んで欠かせないのが、CMやポスター等の広告展開ですね。実は三和酒類には、宣伝部やマーケティング部、商品企画部などは存在せず、一連の商品企画や広告戦略は全て、アートディレクターの河北秀也氏が一手に取り仕切っており、CMの企画、演出、編集、そしてナレーションまでも同氏によるものであり、同氏は「『いいちこ』は広告をしてきたのではない。デザインをしてきたからここまできたのだ」と語っています。ちなみに、河北氏は我々が今も当然のように目にしている、地下鉄路線図も74年にデザインした一流のクリエイターです。  ポスターは、本格焼酎の古いイメージを払拭する爽やかさを出すものとして、広告イメージの中心にいいちこのボトルが置かれ、ロゴもローマ字をベースにした物を採用され、現在に至るまでイメージが定着しています。TVCMは1986年から年一回ずつ制作され、CMソングは1987年の『時は今、君の中』以降ビリーバンバン(1992年までは菅原進単独)が歌う曲が一貫して使われてきており、外国の大自然や田園などの静かな風景とビリーバンバンの歌が独特のイメージを確立し、これまた印象に残るCMとなっていますね。  ちなみに、彼らを起用した理由にも深い意図があったのかと思ったのですが、こちらは当時の社長がビリーバンバンのファンだったためだという、割とほんわかしたものでした。また、2009年からは新たに発売された『いいちこ日田全麹』のCMが登場、従来の『いいちこ』のCMと並行して2種類が流れており、『日田全麹』のCM映像は『いいちこ』とはいわば正反対に、和を思わせる空間に的場浩司演じる武士風の人物が登場するシリーズとなっています。なお『日田全麹』のCMソングで『いいちこ』で使われたビリーバンバンの『また君に恋してる』を演歌歌手の坂本冬美がカバーしたものが使用され、最近の演歌としては記録的なヒットを飛ばしています。なお、かの王国の田村ゆかりが同社に勤めていたとの情報もあったのですが、こちらを見る限りOL時代の取引先が取り扱っていただけみたいですね。 第58期決算公告:11月9日官報31頁より 売上高:477億3800万円 経常利益:70億500万円 当期純利益:45億8900万円 利益剰余金:885億2900万円 過去の決算情報詳しくはこちら http://nokizal.com/company/show/id/1597376#flst
次のページ 
最近は焼酎業界内外の強力なライバルを抱える「いいちこ」
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right