モンスタークライアントをいなすための「NGリアクション/していいリアクション」とは?

反論に反論するから紛糾する

 それはなぜかといえば、クライアントが言っていることは、反対のことを言っているから。その他の3つの事例も同じだ。あなたの話を聞いているのではない・私の話も聞いてください、あなたは全くわかっていない・私はわかっています、私が言いたいことはそういうことではない・言っていることはそういうことです……いずれも反対のことを言っていることにお気づきだろう。  私が展開している「分解スキル・反復演習型」は、首尾良く進まない状況をパーツ分解していき、状況を好転させることに最も高い効果を生み出す、元となるパーツスキルを見出し、その分解スキルを反復演習して、状況を好転させることができるようにするものだ。この例では、反対のことを言ってしまうことが元となって、応酬になり、強い反論の火に油を注いでしまうので、「反対のことを言わない」というスキルを身につけて反復演習していく。  そもそも、クライアントが強い反論に込めている思いは、聞いている・聞いていない、わかっている・わかっていないということを白黒つけることではなく、私の言うことを聞いてくれ、気にしてくれ、理解してくれ、真意を汲んでくれということなのではないだろうか。事実、聞いている、気にしている、理解している、真意を汲んでいるということをクライアントがわかると、反論は格段に緩和される。
次のページ 
相手の反論を緩和する4つの方法
1
2
3
チームを動かすファシリテーションのドリル

「1日1分30日」のセルフトレーニングで、会議をうまく誘導し、部下のモチベーションを自然にあげられる!

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right